Auto 2D

2次元電気泳動装置

Auto 2D

従来 2日間かかった 2次元電気泳動を約100分に大幅に短縮。タンパク質の簡便で高精度な分離・分析が可能です。

マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析計 AXIMAシリーズ と組み合わせることで,新しい高精度なタンパク質解析システムをご提供します。

従来の2次元電気泳動装置の問題点として下記の点があげられます。


  • 電気泳動を始めて結果が出るまでの時間が2~3日間かかる。

  • 手技に熟練を要するので誰にでも簡単にとりかかれない。

  • 実験を始めてみたが,再現性が取れなくて嫌になって止めてしまった。

特長
<高速分析>
従来,2日間かかった2次元電気泳動が,わずか100分で完了。

<高分解能>
高電圧印加により,高い等電点分離を実現。

<高再現性>
人為差による再現性のばらつきを無視できます。

<操作性>
ゲルはレディーメード。タッチパネルで操作はいたって簡単です。

Top of This Page