中国VOCs規制 New!!

中国生態環境部は2020年6月26日、「重点業界における揮発性有機化合物の総合対策方案」を発表しました。揮発性有機化合物(以下、VOCs)は微細粒子状物質(PM2.5)とオゾン(O3)を形成する重要な要素で地球環境、気象・気候への影響だけでなく、人体にも健康被害をもたらすといわれています。重点業界とは、石油化学、化学工業、工業塗料、包装印刷、石油製品貯蔵・運輸販売、工業圏区と産業圏区とされ、総合的な対策が求められています。
中国国家標準化委員会は、2019年12月31日と2020年に3月4日に、製品に含有されるVOCsなどの有害物質の制限量に関する9件の国家強制標準(GB)を公布しており、塗料、接着剤、インク、洗浄剤について含有量制限を標準化しました(下記表)。
これらのGBは強制力を持つ国家標準であるため企業の遵守対応義務があり、企業は製品の品質管理や原材料の代替強化、低VOC含有量製品の開発などの推進が求められます。また中国国内の生産企業だけでなく、中国向け輸出製品を生産する国外企業も規制対象となるため、日本国内の関連企業へも影響が及んでいます。    

引用1:https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/07/49ffd5459c5bca69.html  
引用2:https://www.tkk-lab.jp/post/reach20200826
 

標準番号 標準名称 発行日 代替される標準
GB 38468-2019 室内床用塗料中の有害物質の制限量 2020/7/1 /
GB 38469-2019 船舶用塗料中の有害物質の制限量 2020/7/1
/
GB 18581-2020 木製品用塗料中の有害物質の制限量 2020/12/1
GB 18581-2009
GB 24410-2009
GB 18582-2020 建築壁用塗料中の有害物質の制限量 2020/12/1
GB 18582-2008
GB 24408-2009
GB 24409-2020 車両用塗料中の有害物質の制限量 2020/12/1 GB 24409-2009
GB 30981-2020 工業用保護塗料中の有害物質の制限量 2020/12/1 GB 30981-2014
GB 33372-2020 接着性揮発性有機化合物の制限量 2020/12/1 GB/T 33372-2016
GB 38507-2020 インク中の揮発性有機化合物(VOCs)含量の制限量 2021/4/1 /
GB 38508-2020 洗浄剤の揮発性有機化合物(VOCs)含量の制限量 2020/12/1 /

中国の規制では、地域の状況に合わせて地方政府が国家標準と異なる基準値を設定することがあります。そのため、必要に応じて関係地域の規制情報を確認する必要があります。VOCsの分析には、ガスクロマトグラフ(GC)やガスクロマトグラフ質量分析計(GC-MS)、有害物質である重金属の分析には蛍光X線分析装置(EDX)や原子吸光光度計(AA)、ICP発光分光分析装置などが使用されます。以下、製品におけるVOCsや有害物質の含有量を評価するための分析事例をご紹介します。

 

 

関連アプリケーション

 
 


 
 
 
 
 

UV-1900i        

 
 
 
 
 

海外拠点の活動

弊社中国拠点(岛津企业管理(中国)有限公司)においてもお客様に対するソリューションを提供しており、最新の分析事例を収載したハンドブック「塗料中の有害物質に関する分析ソリューション」を公開しています。(中国語サイト)

 

 

お客様の規制対応事例

中国では大気汚染防止策として、重点業界におけるVOCsの排出管理が強化されており、上記の様に特定の製品中に含まれるVOCsの制限量が設定されています。またVOCs規制対象企業については、工場からのVOCs排出量をモニタリングするよう中国当局より指導されています。上海吉田拉链有限公司(上海YKKジッパー社)様では、工場からの排出ガスのモニタリング用途に、当社オンラインVOC計(VOC-3000F)をご利用頂いております。  

詳細はこちら

 
Top of This Page