エネルギーキャリア(水素エネルギー)

燃料電池に使用される水素燃料に一酸化炭素などの不純物が含まれていると,電池内部の触媒が被毒し,触媒性能が低下します。そのため,高純度の水素燃料が必要とされ,純度管理が重要となります。2012年に発効された燃料電池自動車用水素燃料の国際規格ISO14687-2では,一酸化炭素の最大濃度を0.2 ppmとしているほか,酸素や二酸化炭素,炭化水素類についても最大濃度を規定しています。
水素中に含まれる一酸化炭素や炭化水素などの不純物の高感度測定には,専用にカスタマイズされたシステムが最適です。幅広い島津の分析ソリューションにより,お客様のご要望にそった分析装置を提供させていただきます。

エネルギーキャリア(水素エネルギー)

分野別Solution

Top of This Page