高分子(プラスチック)分析/試験装置

部品成型の際の角R、面取り等が不十分な場合、そこに局所的に応力が発生し破壊に至ることがあります。強度特性と製品形状とを多角的に評価することで破壊の原因を特定しやすくなります。

射出成型時にプラスチック成形品内に気泡が発生したまま成形品が冷却されて固まることがあります。プラスチック成形品内の気泡部分は他の部位に比べて機械特性が低いため、破壊の原因になります。またFRPの場合は、繊維の配向方向により強度が変化します。これらのように、プラスチックの内部構造は強度、耐久性に大きく影響します。強度特性と内部構造を多角的に評価することで破壊の原因を特定しやすくなります。

高分子の主鎖が配向することで高分子の強度は向上します。成形方法および条件により高分子の配向は変わります。複合材料の場合、樹脂中のガラス繊維や炭素繊維の配向性により強度は大きく変わります。複合樹脂の繊維の配向性も成形方法および条件で変わります。

長期間繰返し製品を使用する際に、例えわずかな傷であっても、その傷の影響で寿命は著しく低下することがあります。これは、傷の凹凸に対して応力が集中して傷部にひずみが繰り返し生じることで、亀裂が大きくなり破壊してしまうためです。強度特性と傷面の観察を多角的に評価することで破壊の原因を特定しやすくなります。

密度が高くなると強度も高くなると言われています。強度と高分子構造、分子量、結晶化度、密度を多角的に評価することで、より正確な材料選定および、破壊の原因の特定が可能になります。

結晶化度が高ければ静的強度、弾性率、硬度は高い一方で、衝撃特性は低くなると言われています。強度と高分子構造、分子量、結晶化度、密度を多角的に評価することで、より正確な材料選定および、破壊の原因の特定が可能になります。

分子量が高くなると、分子同士の絡み合いが増えることから強度が向上すると言われています。強度と高分子構造、分子量、結晶化度、密度を多角的に評価することで、より正確な材料選定および、破壊の原因の特定が可能になりまwす。

高分子の持つ構造により、高分子自体の強度、分子間力の大きさ等が異なります。高分子構造に由来するこれらの特性は高分子材料の強度や硬度等に影響すると言われています。強度と高分子構造、分子量、結晶化度、密度を多角的に評価することで、より正確な材料選定および、破壊の原因の特定が可能になります。

Top of This Page