付属品選択ガイド(固体試料編)

透過率測定


フィルムなど,散乱がなく薄い試料は,標準試料室とフィルムホルダにより,透過率を測定することができます。 また,散乱があったり,試料が厚い場合は,積分球を用いて透過率を測定することができます。

積分球方式による透過率測定

フィルムホルダ

■UVminiシリーズ,UV-3600シリーズ,SolidSpecシリーズ,
  UV-1280/1800/1850/1900/2450/2550/2600/2700用
*) UVminiシリーズ,UV-1280でご使用の場合は,試料室ユニットが必要です。
*) SolidSpec-3700でご使用の場合は,直接受光ユニットが必要です。

セル型試料ホルダ

□9~10mmの試料を保持して,通常のセルホルダにセットして測定することができます。

標準試料室用ガラス/フィルム試料ホルダ

□15mmガラス試料を精度よく保持して,測定することができます。偏光子も同時に固定でき,試料の偏光測定が可能です。
また□30mm~□50mm試料も固定可能です。

円筒試料ホルダ

円形のガラス試料を保持して,積分球を用いて測定するホルダです。
MPCシリーズまたはSolidSpecでご使用できます。

Ø5~25 mm.
Ø30~50 mm.
Ø40~110 mm.

Top of This Page