SSG シリーズ 標線間伸び計

~ISO/JISプラスチック引張試験対応/金属引張試験対応~

SSG シリーズ 標線間伸び計

ストレーンゲージを応用した精密伸び計です。
伸びの測定範囲が広く軽量で,標線間距離は小さく取れ,試験片は丸棒・板材の両方に適用できるなどの特長を持っています。伸び検出器およびアンプの組み合わせで構成され,金属材料や硬質プラスチック材料の伸び測定に適応するものです。
伸び計キャリブレーション装置による校正によってJIS規格,ISO規格の1級,ASTM規格クラスCに準拠します。

ISO 527(JIS K7161)の弾性率測定に準拠 ~1μm精度の弾性率を正確に測定可能~

プラスチックの引張試験規格として代表的な,ISO527やJIS K7161では,高精度な変位計測が要求されています。
SSG伸び計は,上記のプラスチック引張試験規格に準拠した手動伸び計として,多くのプラスチックメーカー,公的試験機関や大学などで採用いただいています。

ISO 527・JIS K7161・K7162では,

  • 伸びを測定する伸び計の精度は,測定値の±1%以内であること。
  • 弾性率の計測は,ひずみが0.0005(0.05%)と0.0025(0.25%)の2点の割線弾性率もしくは回帰直線からから求めること。

と規定されています。
SSGシリーズ伸び計は,試験片への着脱をネジ固定で確実に行う頃が可能な伸び計です。上記精度を実現し,ISO 527/JIS K7161,K7162,それぞれの伸び計測に対応しています。

ISO527・JIS K7161の弾性率計測について

ISO527・JIS K7161の弾性率計測について

ISO 6892, JIS Z 2241 金属引張試験 ひずみ制御に対応

ISO 6892, JIS Z 2241 金属引張試験 ひずみ制御に対応

金属材料引張試験の国際標準規格であるISO 6892,およびJIS Z2241では,高精度材料野降伏点までの負荷方法として,応力速度制御と,伸び計を利用したひずみ速度制御の2通りの試験方法が記載されています。
ひずみ速度制御はISO 6891-1ではMethodAとして規定されており,今後はひずみ速度制御を用いた試験を行う機会街増加すると考えられます。

SSG-H伸び計は,ひずみ速度制御に対応した伸び計です。

仕様

型名 SSG10-10 SSG25-10 SSG50-10 *SSG50-10
(プラスチック弾性率対応形)
 測定レンジ(mm/FS)
(注1
 1.0,0.5,0.2,0.1
4段切換
 2.5,1.25,0.5,0.25
4段切換
 5,2.5,1.0,0.5
4段切換
 標線間距離(mm)  10  25  50
 最大測定範囲(mm)  1  2.5  5
適合試験片最大(mm) 丸棒 φ10 φ10 φ15
平板  W15×T10  W15×T10  W25×T14
 精度 JIS等級:1級 ASTM等級:Class C
測定範囲 0.3mmまで:±3μm
測定範囲0.3を超え最大測定値まで:指示値の±1.0%
測定範囲0~0.13mm:±1μm
測定範囲0.13を超え0.3mmまで:±3μm
測定範囲0.3を超え5mmまで指示値の±1.0%
 使用温度範囲  5~40℃(JIS規格精度保証範囲は18℃~28℃で±2℃以内の変動)
 質量      約75g  
 所要電源  ESA形アンプ使用時:単相AC100~240V 150VA(SGX形アンプ使用時:不要)

注1 レンジ切り換え機能のあるアンプの場合を示す。

Top of This Page