SEMサーボパルサ(走査電子顕微鏡高温疲労試験機 )

走査電子顕微鏡つき高温疲労試験機

ミクロな世界へのアプローチ

走査電子顕微鏡つき高温疲労試験機 SEMサーボパルサ

SEMサーボパルサは、電子顕微鏡と疲労試験機を組み合わせた装置です。常温から高温(Max.800℃)にわたり、試験片に繰返し負荷(Max.±5kN)を与えながらリアルタイムに微小き裂などの表面挙動を観察することができます。

【特長】

●多様な試験モード
●広い観察領域
●鮮明なSEM像
●正確な試験力検出
●コンパクトな加熱機構

【仕様】

仕様につきましては、お問い合わせください。

【評価対象】

疲労強度/油圧加振

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page