MCTシリーズ

微小圧縮試験機

微小圧縮試験機 MCT-Wシリーズ

液晶スペーサ・導電性微粒子・セラミックスなど、微小材料の圧縮強度評価に

島津微小圧縮試験機MCTシリーズは、ダイヤモンド圧盤で試料に負荷を与え、試験力と圧縮変位の関係を、リアルタイムに測定する試験機です。各種微小部品、粉体加工品での微小粒子、あるいは新素材関連の微細繊維の1粒1粒の強度評価が可能です。 特別システムとして、圧縮中の観察、圧縮時の抵抗測定、高温状態での測定などのシステムを用意しています。

特長

  • 低試験力タイプ(試験力範囲9.8~4903mN)と高試験力タイプ(同9.8~1961mN)および高分解能タイプ(変位範囲0.001μm~10μm)と広範囲測定タイプ(同0.01μm~100μm)のシリーズがあり、それらの組み合わせにより電子・セラミックス・マイクロマシン・食品・薬品など幅広い微小材料の圧縮強度試験に対応可能です。
  • 試料の大きさ測定機能を標準装備しており、被試験材料の強度評価が可能です。
  • 試料が圧縮されていく様子も観測可能(オプション)です。
  • PC画面上での測長、導電性微粒子の電気抵抗測定装置、50℃~250℃に試料を加熱した状態での試験が行えるシステムにも対応可能です。
  • 圧縮中の試料の変形状態を横方向から観察可能(オプション)です。

微粒子の圧縮試験

仕様

型 名 MCT-510 MCT-511 MCT-210 MCT-211
試験力 9.8~4903mN 9.8~1961mN
変位測定範囲 0~100μm 0~10μm 0~100μm 0~10μm
適合試料 1μm以上の微小試料(粒子、ファイバー他)
上部圧盤(圧子) 平面圧子(50μm径)
顕微鏡倍率 100倍、500倍(対物10倍・50倍:接眼10倍)
※オプションで200、400、1000倍にも対応可能

評価対象

液晶スペーサ、導電性微粒子、セラミックス、微小部品、セラミックス粒子、金属微粉末、金属・機械、樹脂粒子、マイクロカプセル、微細繊維、プラスチック、精密部品

※外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。

Top of This Page