AXIMA微生物同定システム

MALDI Microorganism Identification System

サンプル調製から同定までわずか3ステップ

・サンプルの準備
 微生物試料のコロニー(または培養液)を用意します。

微生物試料のコロニーを用意

グラム染色や形態学的判定などをあらかじめ行っておく必要はありません。 微生物の分析・同定に関する予備知識は不要です。 必要な試料量は数マイクログラム程度で,菌数にしておおよそ105個程度もあれば分析可能です。コロニー1個程度の試料があれば分析可能なため,寒天倍地上に複数の微生物由来のコロニーが存在していても分析には支障ありません。

・ステップ1
 ピックアップした微生物試料とマトリックス試薬を専用MALDIプレート上に添加します。

専用MALDIプレート上に添加

ピックアップした微生物試料とマトリックス試薬を専用MALDIプレート上に添加します。
基本的な試料調製法では,微生物試料とマトリックス試薬をMALDIプレート上で混ぜるだけなので非常にシンプルです*1
専用MALDIプレートはディスポーザブルのため簡単に取り扱えます。廃棄物の量もごくわずかです。目的に応じて,あらかじめ最適化された複数のマトリックス試薬やサンプル調製法を選択することが可能です。

・ステップ2
 MALDI-TOFMS測定を行います。短時間の測定で微生物種に特徴的なマススペクトルが得られます。

MALDI-TOFMS測定

上段:大腸菌のマススペクトル 下段:枯草菌のマススペクトル

測定はあらかじめ用意されたメソッドに従って自動的に実行されます。質量分析の経験は特には必要としません。マススペクトルを都度確認する作業も不要です。

・ステップ3
 取得したマススペクトルを,解析ソフトに登録されているスペクトルデータベースと照合することで,微生物の分類・同定を行います。

データベースと照合

マススペクトルとデータベースの照合から同定結果の表示まで,一連の流れは自動的に行われます。条件設定は必要ありません。

Top of This Page