Prominence有機酸分析システム構成例

有機酸分析システムは,島津独自のpH緩衝化ポストカラム電気伝導度検出法により有機酸を選択的に高感度検出できます。
従来からのUV短波長法,単純電気伝導法などに比べて大きく定量信頼性が向上します。 イオン排除クロマトグラフィーで有機酸を分離した後,カラム溶出液にpH緩衝化試薬を連続的に加え,pHを中性付近にし有機酸を解離状態にして電気伝導度検出します。 食品など夾雑成分の多い化合物の分析に適しています。
⇒電気伝導度検出器CDD-10Avp詳細はこちら
(関連情報)LC分析の留意点:有機酸の分析法

Prominence 有機酸分析システム
 構成例説明
 品名 型名 備考
システムコントローラ CBM-20A  
送液ユニット LC-20AD x 2 高精度分析送液ユニット
移動相送液に1台,反応液送液に1台用います。
オンライン脱気ユニット DGU-20A3R 3流路用
オートインジェクタ SIL-20AC クーラー付きオートサンプラ
1.5 mLバイアル用ラックが標準付属します。
1.5 mLガラス製バイアル    
カラムオーブン CTO-20AC クーラー付きカラムオーブン
カラムと有機酸分析配管キットを格納します。
電気伝導度検出器 CDD-10Avp  
有機酸分析用配管キット 配管部品J ポストカラム緩衝化のための反応管です。
分析カラム Shim-pack SCR-102H ×2 試料(分離成分)によっては,カラム1本でも分析可能な場合があります。2本お使いいただくとより高分離になります。
ガードカラム ガードカラム SCR-102HG 分析カラム保護のために必ずお使い下さい。
リザーバトレイ    
LCワークステーションPCセット LabSolutions LC Single LC  
コンセントユニット    
カラープリンタ    
プリンタケーブル    

HPLC・IC 概算定価お問い合わせフォーム (国内向け)に戻る

Top of This Page