Prominence UFLC

超高速液体クロマトグラフ

Shim-pack XR-ODS

Shim-pack XR-ODS

Shim-pack XR-ODS

 Shim-pack XR-ODS は,高速高分離用のODSカラムです。 分離性能,耐久性,カラム圧力などの総合的な判断から 粒子径2.2μm の均質なシリカゲルを基材として設計されています。
 Shim-pack XR-ODS では,30MPa以下の圧力領域における高速高分離が可能ですので,特別な装置をお持ちではなく「通常のカラム圧力条件で,高速分離を行いたい」とお考えのお客様にもご支持いただけるものと確信しています。
 また,Shim-pack XR-ODS カラムには3枚の品質保証書を添付しています。 この証明書に記載の規格値に基づいた管理により,カラムの製造均一性を保証します。

  Shim-pack XR-ODS カラムサイズ
 
内径(mm) 長さ(mm)
2.0 30 / 50 / 75 /100
3.0 30 / 50 / 75 /100
4.6 30 / 50 / 75 /100
  汎用高速分析用は,内径3.0mm,長さ50mmが目安です。
内径2.0mmは,セミミクロ高速分析用です。

技術資料

 高速化への移行 ・・・通常HPLCシステムでShim-pack XR-ODSを用いて超高速分析に移行するポイントを解説
 微粒子充てん剤のはなし ・・・van Deemterの式を中心に微粒子充てん剤のもつ意味を解説

PTCアミノ酸高速分析例

 アミノ酸は, PITC(フェニルイソチオシアネート)試薬を用いるプレカラム誘導体化法によりPTC (フェニルチオカルバミル)誘導体に変換することにより, UV検出器を用いて分析することができます。 PTC化したアミノ酸17成分(各100 μmol/L)を分析し,わずか4分以内に良好な分離が得られました。

 カラム:Shim-pack XR-ODS (75mmL.×3mmi.d.),  カラム温度: 40℃,
 移動相:リン酸緩衝溶液/アセトニトリル グラジエント溶出
 流量:1.2mL/min,   検出: 254nm

PTCアミノ酸分析例
  1. L-アスパラギン酸
  2. L-グルタミン酸
  3. L-セリン
  4. グリシン
  5. L-ヒスチジン
  6. L-アルギニン
  7. L-スレオニン
  8. L-アラニン
  9. L-プロリン
  10. アンモニア
  11. L-チロシン
  12. L-バリン
  13. L-メチオニン
  14. L-シスチン
  15. L-イソロイシン
  16. L-ロイシン
  17. L-フェニルアラニン
  18. L-リジン

 * 本データは,アプリケーションニュース No.L341 からの抜粋です。 (アプリケーションニュースは会員制サイトにも掲載されています)

黄粉中のイソフラボン分析

 イソフラボンは,大豆,特に大豆胚芽に多く含まれる化合物群で,エストロゲンに似た働きをすることで最近注目されています。 黄粉中のイソフラボン成分をグラジエント溶出を用いて分析してみました。

 カラム:Shim-pack XR-ODS (75mmL.×3.0mmi.d.),  カラム温度: 40℃,
 移動相:ぎ酸水溶液/ぎ酸アセトニトリル溶液 のグラジエント,  流量: 1.2mL/min,  検出:275nm

黄粉中のイソフラボン分析

分析法の開発を支援する品質証明書

Shim-pack XR-ODSには,3枚の品質証明書が添付されています。これらの証明書に記載された規格値に基づいた品質管理により,優れたカラムの製造均一性を証明します。

XR-ODSカラム品質証明書,3点XR-ODSカラム品質証明書
  • Certificate of Analysis for Packing Material(Physical Properties)
    充てん剤の物性に関するバッチ毎の証明
  • Certificate of Analysis for Packing Material(Chromatographic Performance)
    充てん剤の保持・分離特性に関するバッチ毎の証明
  • Shim-pack Column Performance Report
    カラム毎の充てん状態の証明

ページTop

Top of This Page