合成抗菌剤スクリーニングシステム

i-Series Plus フードセーフティーアナライザ

食肉中残留合成抗菌剤の有無を迅速に確認できるシステム

合成抗菌剤は動物用医薬品および試料添加物の一種で,意図せず家畜体内に残留することが知られており,人々が安心して肉や加工品を食することができるよう,健康に害を与えない量として「残留基準値」が設定されています。

本スクリーニングシステムは,食肉(牛,豚および鶏の筋肉)中の夾雑成分の影響を最小限に抑えた前処理方法※1により,LC を活用して日本や欧州などにおいて規制対象成分に指定されている食肉中の合成抗菌剤24 成分のスクリーニングを可能にしました。

※1 前処理用消耗品は同梱されていません。お客様にてご準備ください。

食肉残留合成抗菌剤24成分のスクリーニング分析を強力にサポート

食肉中残留キノロン系抗菌剤およびサルファ剤のスクリーニング分析を可能とする,i-Series Plus プラットフォームをベースとした分析システムです。フォトダイオードアレイ検出器と蛍光検出器を併用し,計24成分の合成抗菌剤のスクリーニング分析を行います。各成分に最適化された簡便かつ夾雑成分除去効率の高い前処理法,LCメソッドファイル,分析用カラム,データ解析用ファイル,UVスペクトルライブラリが付属しており,煩雑なメソッド開発の手間を省いて誰でも簡単に分析を始めることができます。

3つの特長

  • 最適化前処理法と2つの検出器で合成抗菌剤24成分のスクリーニングを支援
  • 残留基準値濃度の合成抗菌剤を高感度に検出
  • 分析終了と同時にスクリーニング結果やレポートを確認可能

特長

Top of This Page

お問い合わせ