合成抗菌剤スクリーニングシステム

i-Series Plus フードセーフティーアナライザ

食肉中残留合成抗菌剤の有無を迅速に確認できるシステム

合成抗菌剤は動物用医薬品および試料添加物の一種で,意図せず家畜体内に残留することが知られており,人々が安心して肉や加工品を食することができるよう,健康に害を与えない量として「残留基準値」が設定されています。

本スクリーニングシステムは,食肉(牛,豚および鶏の筋肉)中の夾雑成分の影響を最小限に抑えた前処理方法※1により,LC を活用して日本や欧州などにおいて規制対象成分に指定されている食肉中の合成抗菌剤24 成分のスクリーニングを可能にしました。

※1 前処理用消耗品は同梱されていません。お客様にてご準備ください。

食肉残留合成抗菌剤24成分のスクリーニング分析を強力にサポート

食肉中残留キノロン系抗菌剤およびサルファ剤のスクリーニング分析を可能とする,i-Series Plus プラットフォームをベースとした分析システムです。フォトダイオードアレイ検出器と蛍光検出器を併用し,計24成分の合成抗菌剤のスクリーニング分析を行います。各成分に最適化された簡便かつ夾雑成分除去効率の高い前処理法,LCメソッドファイル,分析用カラム,データ解析用ファイル,UVスペクトルライブラリが付属しており,煩雑なメソッド開発の手間を省いて誰でも簡単に分析を始めることができます。

3つの特長

  • 最適化前処理法と2つの検出器で合成抗菌剤24成分のスクリーニングを支援
  • 残留基準値濃度の合成抗菌剤を高感度に検出
  • 分析終了と同時にスクリーニング結果やレポートを確認可能

残留基準値濃度の合成抗菌剤を高感度に検出

本スクリーニングシステムは,Ready to Use な合成抗菌剤スクリーニングを実現するため,分析メソッドならびに分析カラムをパッケージ化した専用キットとi-Series Plus から構成されています。これまで前処理法の習得や条件検討に要してきた時間を削減することが可能です。分析メソッドには規制対象成分の化合物名や保持時間,UVスペクトルなどがあらかじめ登録されており,データの信頼性を高めます。

分析終了と同時にスクリーニング結果やレポートを確認可能

データブラウザ画面/レポートでスクリーニング結果を迅速確認
LabSolutionsのデータブラウザではクロマトグラムと自動計算された定量結果が一画面で確認できます。基準値による判定結果も同時に表示し,検査結果を迅速に把握することができます。また,レポートテンプレートにより,各サンプルごとの定量レポート,およびサンプルバッチごとのサマリレポートの自動作成,ならびにPDF出力が可能です。

膨大なデータの迅速な合否判定やより複雑な統計処理も可能
オプションのマルチデータレポート機能の使用により,膨大な数のサンプルデータの視認性を高めることが可能です。複数サンプルの合否判定結果を表一覧に出力し,サンプル数が膨大であっても一目で不合格サンプルを見出すことができます。また一連の定量結果をExcel 形式のファイルに自動で出力でき,グラフ作成や複雑な統計処理などを可能とし,中長期的なデータ管理を強力にサポートします。

⇒ マルチデータレポートの詳細はこちら
⇒ 製品応用例HPLC Application News「合成抗菌剤スクリーニングシステムによる食肉中の残留合成抗菌剤分析(その1)」
HPLC Application News「合成抗菌剤スクリーニングシステムによる食肉中の残留合成抗菌剤分析(その2)」

注意事項
1. 合成抗菌剤スクリーニングキットは,食肉中の残留合成抗菌剤のスクリーニング用途として,弊社が得た情報および内容のままご提供するものです。用途外の使用はお控えください。
2. このキットの使用により生じた結果についてはお客様による判断の上でご活用ください。
3.残留基準値は下記の法令を参考にしています。
・厚生労働省告示第497号
・食品衛生法等の一部を改正する法律による改正後の食品衛生法第11条第3項の施行に伴う関係法令の整備について 食安発第1129001号
平成17年11月29日 (最終改正:平成19年5月31日)

Top of This Page