Py-Screener アプリケーション

Py-Screenerを用いたフタル酸エステル類の分析 (1)

RoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限する指令)において、2019年から従来の使用制限6物質に加えて、フタル酸ジイソブチル(DIBP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジ-2- エチルヘキシル(DEHP)の4種類のフタル酸エステル類が追加される予定です。これらの物質のうちでGC-MSで測定可能な物質は臭素系難燃剤のPBBsとPBDEsとフタル酸エステル類ですが、精密定量法であるソックスレー抽出-GC/MS法は、前処理に時間を要し、また有機溶媒を利用するため、複雑な前処理を必要としない熱分解-GC/MS(Py-GC/MS)法がスクリーニング法として期待されております。「Py-Screener」は、フタル酸エステル含有樹脂標準試料、試料調製用のサンプリングキット、Py-GC/MS分析用ファイル類などから構成されたフタル酸エステルスクリーニングシステムです。本アプリケーションデータシートでは、Py-Screenerを用いたフタル酸エステル標準試料の測定について紹介します。

 
 

Py-Screenerを用いたフタル酸エステル類の分析 (2)

RoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限する指令)において、2019年から従来の使用制限6物質に加えて、フタル酸ジイソブチル(DIBP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)の4種類のフタル酸エステル類が追加される予定です。これらの物質のうちでGC-MSで測定可能な物質は臭素系難燃剤のPBBsとPBDEsとフタル酸エステル類ですが、精密定量法であるソックスレー抽出-GC/MS法は、前処理に時間を要し、また有機溶媒を利用するため、複雑な前処理を必要としない熱分解-GC/MS(Py-GC/MS)法がスクリーニング法として期待されております。「Py-Screener」は、フタル酸エステル含有樹脂標準試料、試料調製用のサンプリングキット、Py-GC/MS分析用ファイル類などから構成されたフタル酸エステルスクリーニングシステムです。本アプリケーションデータシートでは、Py-Screenerを用いたフタル酸エステル類と臭素系難燃剤の分析例について紹介します。

Py-Screenerを用いた玩具に含まれるフタル酸エステルのスクリーニングと他の添加剤の定性解析

フタル酸エステル類は樹脂の可塑剤として使用されていますが、生殖毒性が懸念されることからRoHS指令で規制対象成分への追加が決定するなど規制の厳格化が進んでいます。玩具や子供用品の安全性管理の分野においては、日本、アメリカ、EU、中国の各種法令でフタル酸エステル類の含有量が制限されています。玩具の分野ではフタル酸エステルの分析法としてソックスレー抽出-GC/MS法や浸漬抽出-GC/MS法等が用いられてきましたが、一連の作業に数時間を要する場合があります。Py-GC/MS法は有機溶媒が不要で、短時間で試料調製ができる新しいフタル酸エステルのスクリーニング法として国際分析規格IEC62321 Part8に採用予定です。本アプリケーションデータシートでは、 Py-Screenerを様々な玩具の分析に適用しました。Scan/SIM同時分析メソッドを用いて、SIMによりフタル酸エステルを高感度にスクリーニングし、同時にScanデータの情報からフタル酸エステル以外の添加剤を定性解析した結果を紹介します。

Py-Screenerを用いた医療用具に含まれるフタル酸エステルのスクリーニングと他の添加剤の定性解析

輸血用バッグや輸血用チューブなどの医療用具においてもフタル酸エステル類のDEHPが広く使用されてきましたが、内容物への溶出、移行が問題視されており、各国での通達 (2002年 日本 厚労省、米国 FDA、2005年 欧州 EFSA、2013年 ドイツ BfR)により、フタル酸エステルフリーの医療用具の使用が推奨されています。医療用具の分野ではフタル酸エステルの分析法としてソックスレー抽出-GC/MS法や浸漬抽出-GC/MS法等が用いられてきましたが、一連の作業に数時間を要する場合があります。Py-GC/MS法は有機溶媒が不要で、短時間で試料調製ができる新しいフタル酸エステルのスクリーニング法として国際分析規格IEC62321 Part8に採用予定です。本アプリケーションデータシートでは、Py-Screenerを様々な医療用具の分析に適用しました。Scan/SIM同時分析メソッドを用いて、SIMによりフタル酸エステルを高感度にスクリーニングし、同時にScanデータの情報からフタル酸エステル以外の添加剤を定性解析した結果を紹介します。

フタル酸エステル分析におけるスクリーニング法(Pyrolysis-GC/MS)と定量法(溶媒抽出-GC/MS)の比較

改正RoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用を制限する指令)において、2019年からフタル酸ジイソブチル(DIBP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジ-2- エチルヘキシル(DEHP)の4 種類のフタル酸エステル類が追加されることが決定した。本テクニカルレポートでは、溶媒抽出 -GC/MS 法とフタル酸エステルスクリーニングシステム「Py-Screener」を用いたPy-GC/MS 法の定量結果を比較した。Py-Screener(Py-GC/MS 法)での規制濃度の1000 mg/kg 近傍の定量結果は、溶媒抽出-GC/MS 法と同等の結果が得られ、フタル酸エステル類のスクリーニングに有効であることが明らかとなった。

Top of This Page