OPTIC-4

GC-MS用 多機能注入口

幅広いサンプルの形態に対応できる注入モードを備えているOPTIC-4は,GC-MSの試料導入システムにおける究極の注入口です。
多機能オートサンプラ AOC-6000 Plusに取り付けることにより,その性能を最大に引き出すことができます。
 

多機能注入口OPTIC-4の多彩な注入モードにより,スプリット/スプリットレス注入の他,固体サンプルの熱分解分析や臭気成分の加熱脱着分析など,様々なサンプル形態の分析に対応します。

各種ライナー

前処理を簡便化するDMI
(Difficult Matrix Introduction)

DMIは,サンプルを入れたマイクロバイアルをライナー内にセットし,注入口でライナーを加熱してサンプルを分析する手法です。注入口温度を調整することにより不揮発成分のきょう雑物をマイクロバイアルに残すことができるため,簡便な前処理でのGC-MS測定が可能です。

 

MonoTrap®による捕集・濃縮後,
加熱脱着により高感度分析

シリカモノリス構造を持ち,高い捕集効率を有するMonoTrapを用いて試料の揮発性化合物を捕集し,OPTIC-4により熱脱着すると,溶媒溶出法に比べて高感度で分析できます。また,高速昇温機能により捕集した成分を迅速に脱着でき,シャープなピークが得られます。

ラックにセットされたライナーは,CDCステーションでキャップを取り外された後,OPTIC-4注入口にセットされます。

* MonoTrapの詳しい情報はジーエルサイエンス株式会社のホームページをご覧ください。

シャープなピークで高分離を実現

わずか1 cmのサンプル導入パスと最高昇温速度60℃/秒の直接加熱方式の採用により,シャープなピークが実現できます。

TDモード

サンプルと分析カラム先端はわずか1 cmです。 そのため吸着性や分解性の化合物の分析に最適です。

MonoTrapによるパルミザンチーズ中のMethanethiolの分析

OPTIC-4注入口 

クライオトラップ(オプション)をGCオーブンに取り付け,ピークをシャープにすることもできます。クライオにトラップしたサンプルを最高昇温速度60 ℃/秒で加熱でき,バンドの広がりを最小限に抑えます。

専用ソフトウェアEvolution Workstationで直感操作

OPTIC-4の専用ソフトウェアEvolution Workstationは,タイムチャート表示により分析条件を直感的に把握・変更することができ,条件検討も簡単です。注入モードに応じたメソッドが付属されるため,最適化も容易です。

大量注入用メソッド

多彩な注入モード

サンプル形態に適した注入モードにより,多様な形態のサンプルを分析できます。

ライナー サンプル導入法 アプリケーション例
DMI 熱抽出 シャンプー中の1,4-ジオキサン
MonoTrap TD 加熱脱着 衣服からのにおい
MonoTrap TD 加熱脱着 製品からの異臭
DMI 熱分解 樹脂の熱分解
DMI 反応熱分解 樹脂の反応熱分解
固体吸着剤(TD) 加熱脱着 自動車内の雰囲気ガス
DMI 熱抽出 樹脂の添加剤
MonoTrap TD 加熱脱着 食品からのにおい成分

Top of This Page