待機時間を正確に把握するアクティブタイムマネジメント

 

装置の起動停止におけるタイムマネジメント

質量分析計は真空状態で動作させることから,装置の起動や停止は最も待機時間が長くなる作業です。
装置の起動および停止時にかかる時間をリアルタイムで表示し,イオン源のメンテナンスや分析可能な状態までにかかる時間を正確に把握することができます。
また,装置起動時のリークチェックやオートチューニングなど,これまでユーザーが行っていた確認作業を自動化しました。

試料注入口のメンテナンスにおけるタイムマネジメント

真空を止めずに試料注入口のメンテナンスを安全に行うEasy sTop機能において,セプタムやインサートを交換できるまでにかかる待ち時間(温調冷却時間)をリアルタイムで表示します。正確な待ち時間を把握することにより,メンテナンスによる装置の待機時間を最小限にすることが可能です。
また,試料注入口に「ClickTek™ナット」を採用したことで,工具を使わず指でレバーをひねるだけで注入口を開閉できるようになり,これまでよりも簡単かつ迅速にインサートの交換ができます。

Easy sTop機能

Easy sTop機能

ClickTekナット

ClickTekナット

連続分析におけるタイムマネジメント

連続分析にかかる時間をリアルタイムで表示することにより,現在実行している連続分析が終了する時間を正確に把握できます。連続分析や利用者間での切り替えに要する装置の待機時間を減らし,装置の稼働時間を伸ばすことができます。また,前の分析の終了時間に合わせて前処理や試料調製など分析準備のタイミングを組み立てやすくなることから,分析業務を効率よく運用できるため,ワークライフバランスにつながります。

連続分析における時間表示は、AOC-20iを用いた液体注入時のみ表示されます。

連続分析における時間表示は,AOC-20iを用いた液体注入時のみ表示されます。

Top of This Page