絶縁油中の微量PCB測定

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)は,絶縁性,不燃性,化学的安定性などの性質により,電気機器(トランス,コンデンサ等)の絶縁油,冷熱機器の熱媒・冷媒をはじめ幅広い用途に使用されましたが,1968年カネミ油症事件によりその毒性が社会問題化し,1972年製造,輸入及び新たな使用が禁止されました。しかしながら,それ以降に生産された電気機器の中にも微量のPCBに汚染されたものがあることが判明し,新たな社会問題となっています。(微量PCB汚染廃電気機器問題)
 現在,PCBを含む廃棄物(PCB廃棄物)の保有者には,廃棄物処理法により厳重管理の下保管する義務が課せられていますが,2001年に制定された「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」は,さらにその保管事業者に2016年7月15日を期限として,これらのPCB廃棄物を適正処理することを義務づけています。
 微量のPCBに汚染された電気絶縁油の無害化処理にあたっては,無害化処理施設への受け入れ条件(濃度の確定していないものは受付できません)としてだけでなく,処理コストを低減する上でも処理前の濃度確認が非常に重要になります(絶縁油中PCB濃度が0.5mg/kg以下なら通常の廃棄物として処理が可能*1))。

 環境省では,多くの電気機器がPCBに汚染されている可能性があることから(微量PCB汚染廃重電機器は約120万台,微量PCB混入の可能性のある重電気機器は約650万台あるといわれています*2)),それらの電機絶縁油中PCB濃度を測定するために,迅速,安価な測定法を公募,マニュアル*3)を公表しました。
 その中の一つ,当社グループ企業である島津テクノリサーチ開発の「高濃度硫酸処理/シリカゲルカラム分画/キャピラリーガスクロマトグラフ/電子捕獲型検出器(GC/ECD)法」は,前処理に新開発の分画カートリッジHARF columnTM(ハーフカラム)-PCBを用いたGC/ECD法で,絶縁油中のPCBに対して「高分離,時間短縮,省溶媒,低コスト」な分析を可能としました。

*1) 中央環境審議会 廃棄物・リサイクル部会 微量PCB混入廃重電機器の処理に関する専門委員会(第1回) 資料3 「PCB廃棄物に係る規制の概要」 より
*2) 中央環境審議会 廃棄物・リサイクル部会 微量PCB混入廃重電機器の処理に関する専門委員会報告「微量PCB混入廃電気機器等の処理方策について(平成21年3月)」より
*3) 環境省廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課「絶縁油中の微量PCBに関する簡易測定法マニュアル (第1版-平成22年1月,第2版-平成22年6月)」



→  微量PCB測定では,多くの検体を迅速に,また低コストで測定することが望まれます。
島津製作所のGC-ECDは,短時間,低コストで基準値以下かどうかの判定分析が行えます。

微量PCB簡易分析法の測定には,島津製作所のGC-ECDがお勧めです

 高速オーブン冷却、ガスセーバー機能などが,分析効率、分析生産性を向上させます。また,デュアルインジェクションシステムにも対応していますので,更なる性能効率の向上が図れます。 標準ソフトウェアで,ΣCB2 (%)計算が可能です。

GCsolutionとの組み合わせなら,更に便利にお使いいただけます!

GCsolution用のメソッドファイル・参照用データファイル,定量計算用のExcelファイルをまとめた絶縁油中微量PCB簡易定量データ処理キット ”Shimadzu PCB-kit”(無償)をご用意しました。下記ページよりダウンロードしてお使いいただけます。

→  ”Shimadzu PCB-kit” のダウンロードはこちら (現在,B改訂版をご提供しています。)

絶縁油中の微量PCB測定に特化したカラムを使用することで,短時間・低コストでの測定が可能です

 PCB測定に特化したカラムHARFcolumnTM(ハーフカラム)-PCBは,絶縁油とPCBを効率よく分離します。省溶媒,作業の効率化などにより生産性を大幅に向上させます。
 本カラムは,電機絶縁油に記載されている7種類の絶縁油全てに適用できます。

  絶縁油の種類 用 途
1種 鉱油 トランス,コンデンサ,OFケーブル
2種 アルキルベンゼン コンデンサ,OFケーブル
3種 ポリブテン コンデンサ,OFケーブル
4種 アルキルナフタレン コンデンサ
5種 アルキルジフェニルアルカン コンデンサ
6種 シリコーン油 トランス
7種 1種絶縁油と2種絶縁油の混合絶縁油 トランス,コンデンサ,OFケーブル

Top of This Page

お問い合わせ