TNP-4200シリーズ

オンライン全窒素・全リン計

島津オンライン全窒素・全リン計 TNP-4200は,第5次水質総量規制の全窒素全リン測定において好評をいただいてきたTNP-4110のフルモデルチェンジです。

シンプルな構成で,高信頼性を確保。省試薬で運用可能といった基本性能はそのままに,消費電力や廃液量の削減など,ランニングコストをトータルに削減する様々な工夫によって,幅広いお客様の規制対応や環境への取組みを支援します。

 →  水質総量規制とは

オンラインTN・TP計のランニングコストをトータルで削減しました

ユーティリティコストの削減
細部まで厳しくコストを絞り込みました

  • 省エネ! トップであった消費電力をさらに10% 削減
  • 廃液量を30% 削減 廃液処理サイクルを2カ月に延長でき廃液処理コストを低減
  • 試薬費用が低価格 年間13,000 円~

メンテナンス負荷の低減
独自の2連ロータリーバルブ+シリンジポンプに機能を集約したシンプルな構造を継承
メンテナンス負荷を低減しました

  • 試薬交換時間を1/2に低減
  • ロータリーバルブのメンテナンス負荷を低減(交換周期の大幅延長とメンテナンス時間1/2 に削減)

安定稼働の実現
迅速な異常検知によるダウンタイムの短縮を実現しました

  • 動作異常検知機能をさらに充実し、異常を常に監視
  • 汚れに強い洗浄機能付きの採水試料前処理器により、長期の安定した測定を実現
  • 配管の自動洗浄機能の標準装備により、長期の安定した測定を実現

COD測定もこれ一台で

UV計付モデル(TNP-4200U)は,全窒素/全りん測定に加え,一台でCOD(化学的酸素要求量:有機汚濁量)の測定も可能

使い勝手を向上させる多彩な機能

  • タッチパネルによる簡単操作
  • 長期間の稼働や試薬交換時の気泡の混入による測定値異常を防止するため,自動で気泡除去を実施
  • 装置管理測定に必要なゼロ水測定/標準試料測定/実試料測定をボタン一つで自動実行
  • 社内LANにつながったWeb端末から,装置の状態を確認できるWebモニタリング(オプション)

ユーティリティコストの削減

トップレベルの消費電力をさらに10%削減

消費電力は,85Wと圧倒的な省エネ性能です。(UVM-4200装着時もわずか95Wの省エネ性能)
酸化分解部の熱容量の改善により,従来機(94W)だった消費電力を10%削減しました。

廃液量を約30%削減

測定・洗浄シーケンスを見直し,廃液量を30%削減しました。
これにより,廃液処理が2か月に1回と半減しました。(20L廃液タンク使用の場合)

試薬コストの低減

試薬は,お客様による調整が可能ですので,試薬にかかる費用を低く抑えることができます。
もちろん,調整済みの試薬もご用意しています。

メンテナンス負荷の低減

薬液交換も簡単

  • 試薬容器の改善により交換作業がさらに簡単になりました。
  • 試薬交換後の空気抜き作業も全自動で手間がかかりません。
  • 調整済み試薬(1か月),スパン液もご用意できます。営業担当までお問い合わせください。
  • お客様の調整した試薬でも使用可能でさらにランニングコストが削減できます。

8ポートロータリバルブには『セラミック』製ロータ/ステータを採用

  • 試料中の懸濁物の噛込に抜群の耐性を誇り,また耐摩耗性に優れたセラミックロータリバルブを採用しました。
  • 摩耗性に優れるセラミック製に変更し,交換周期を大幅に延長しました。
    (ロータリーバルブのメンテナンス時間:60分/年 → 30分/年に半減)

安定稼働の実現

内部流路洗浄機能標準搭載

試料が接する部分(チューブ,シリンジ,バルブ)は,試料に接液した後,速やかに洗浄水で洗浄することで,藻/細菌の繁殖を防ぎ,詰まりを防ぎます。

当社独自の計量分配システム 8ポートバルブ付シリンジポンプ

  • シリンジポンプと8ポートロータリーバルブ2個のみで,採水,希釈,全試薬計量,混合,送液のすべての動作を行います。
    • 6種類の試薬,希釈水,標準液,オンライン/オフライン試料の計量/送液を行います。
    • 従来の水質分析計に比べ大幅な部品点数の削減,シンプルで,堅牢なシステムを実現しました。
  • 『新型のプランジャーチップ』を搭載。従来比約3倍の寿命を実現(標準液測定時)。さらに『シリンジヒータ』を設置,低温環境下での水漏れ対策を強化しています。

長期安定動作を実現する『高精度ロータリーエンコーダ』

  • 絶対位置の検出が可能なロータリエンコーダを8ポートロータリーバルブの回転の制御に採用しました。
  • 長期にわたる安定動作,万が一エラーが発生した場合のリカバリ動作に威力を発揮します。

汚れに強い自動洗浄機能付き試料前処理器

自動洗浄機能により,長期にわたり安定稼働します

  • 逆洗機構により,ストレーナ部の詰まりを防ぎます。
  • 試料に接液した部位を清水で洗浄し,藻/細菌の増殖を抑制します。
  • 殺菌剤により,さらに生物由来の詰まりを防ぎます。

 →  試料前処理器の詳細はこちら

COD測定もこれ一台で

UV計付モデル(TNP-4200U)は,全窒素/全りん測定に加え,一台でCOD(化学的酸素要求量:有機汚濁量)の測定も可能です。

TNP-4200Uの特長

  • 自動ゼロ校正機能を標準装備
  • スパン校正はワンタッチ(校正用光学フィルタを内蔵)
  • メンテナンスが容易かつ堅牢な光学ユニット部を搭載
     自動洗浄機能内蔵
     結露防止機能搭載
  • 高い安定性
     2波長測定法により試料中の濁り成分や気泡の影響を補正

使い勝手を向上させる多彩な機能

タッチパネルによる簡単操作

  • 見やすいカラー液晶とタッチパネルによる簡単操作が可能です。
  • バックライトは,10分間キー操作がないと自動消灯し,その消耗を防ぎます。

データハンドリング

  • 強力なデータ保存機能
    • 本体内に,測定データは20,000件(約2年分),校正データ100件を保存できます。
    • データは画面上で確認できる他,USBメモリに出力可能です。デジタルデータとしてPC上で管理できます。
  • 専用の内蔵プリンタ(オプション)への出力も可能
  • 伝送出力(0-16 mA,4-20 mA)可能
  • 負荷量演算機能を内蔵。流量入力端子を標準装備。外部入力によるCOD負荷量演算が可能です。(負荷量演算を行うには,流量入力が必要です。)

その他

試薬チューブの気泡除去機能による測定値異常の予防
 長期間の稼働や試薬交換時の気泡の混入による測定値異常を防止するため,自動で気泡除去を実施します。

装置管理測定機能
 ボタン一つで, 装置管理測定に必要なゼロ水測定/標準試料測定/実試料測定を自動実行できます。

測定残り時間の表示機能
 測定にかかる残り時間が表示されますので,数時間を要する検量線測定でも計画的に作業が行えます。

設置スペース10%削減+幅の狭いスペースにも設置可能
 従来より設置スペースを10%削減しました。試料前処理器は背面設置もできますので, 幅の狭いスペースにも設置可能です。

試料ボトルから採水し測定できるオフライン測定機能
 ボトルなどで採取した試料を測定する専用ポートを装備しました。オフライン測定も可能です。

誤操作防止のためのパスワードによる画面操作のロック

柔軟な接点出力設定機能
 複数項目を同一接点にソフトウェアの設定だけで割り当てることが可能です。通信線の数を減らし,施設コストを抑制できます。
 

当社が認定したエコプロダクツplusです。
消耗品使用量 当社従来機種比30%削減
 

関連製品

TNPC-4110

ケミルミ方式・紫外線酸化方式
TNPC-4110


紫外線酸化方式(TP),ケミルミ方式(TN)を採用したTNP計で,海水や金属イオンなどの妨害成分を含む試料でも正しくTN測定が可能です。

TNPC-4110C

ケミルミ方式・紫外線酸化方式
TOC測定ユニット付(内蔵)
TNPC-4110C


紫外線酸化方式(TP)/ ケミルミ方式(TN)を採用したTNP 計にTOC測定ユニットを付加,換算によるCOD測定もこれ一台で可能です。

水質汚濁負荷量演算器 WPC-4200

第5次水質総量規制の監視全項目(TN,TP,COD)の汚濁負荷量を演算します。事務所や集中管理室など,遠隔地でのデータ管理ができます。
従来モデルのWPC-104シリーズから,以下の特長が追加されています。

  • 大型高解像度カラー液晶タッチパネル
  • 内部メモリに,データ・運用履歴を1年以上保存可能
  • 記憶データは,再プリントやUSBメモリへの保存も可能
  • 漢字の印字で見やすい記録チャート

*本製品は,株式会社 島津アクセスからの販売になります。

Top of This Page