ペプチドのN末端部アミノ酸配列解析

ペプチドのN末端部アミノ酸配列解析

質量分析法は、ペプチドのアミノ酸配列の決定に不可欠なツールとなっています。MALDI-TOF MSを用いたインソース分解(In Source Decay(ISD))は、比較的簡便にアミノ酸配列を得ることができますが、その反面、同一質量のアミノ酸の識別、データベース依存性および低分子量の測定困難さ等により、信頼できる配列情報を得るためには課題を有しています。
一方、エドマン分解によるアミノ酸配列解析は、N末端から各アミノ酸を1つずつ順番に分析するため、質量およびデータベース依存性等の問題はありません。しかしながら、長い配列情報を得ようとするとエドマン反応の効率が低下すること、修飾アミノ酸の解析が困難であるという限界もあります。

本ページでは、MALDI-8020(ISD)から得られた質量・配列情報とPPSQ-50Aグラジエントシステムから得られたN末端アミノ酸配列情報とを組み合わせることの利点をご紹介します。組み合わされた情報を使用することにより、目的とするタンパク質およびペプチドのより正確なアミノ酸配列情報を得ることができます。

PPSQ-50A グラジエントシステムとMALDI-8020の結果を補完的に組み合わせることで、より確実で正確なN末端アミノ酸配列の情報を得ることができます。

Fig.1 PPSQ-50A グラジエントシステムを用いたBNPのシーケンス分析
(1 サイクル目:生クロマトグラム、2 サイクル目以降:差クロマトグラム)

Fig.2 MALDI-8020を用いたBNPのISDスペクトル(DANマトリックスを使用、図中にMASCOTの同定結果を表示)

 

関連アプリケーションデータ

 

MALDI-8020

卓上型のリニアモードMALDI-TOF 質量分析計です。コンパクトな設置面積で優れたパフォーマンスを発揮します。
 

プロテインシーケンサ

タンパク質のN末端配列解析を、より高感度、確実に行えます。LabSolutions DB/CSとの組み合わせでFDA 21 CFR Part 11 に準拠します。

Top of This Page