食肉の種類判別(鑑別)

食肉の種類判別(鑑別)

DNA/RNA分析装置による食肉の種類判別(肉種鑑別)

欧州で牛肉加工食品に,安価な馬肉を混入させる不正が相次いで発覚し,DNA検査など緊急対策に乗り出しています。この例に限らず,近年の食の安全に対する消費者意識の向上にともない,食肉製品に含まれる食肉種を正確・簡便・迅速に品種判別,品種判定(肉種鑑別)する方法が求められています。DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置を用いて分析すれば,迅速に肉種を鑑別することが可能です。
今回は,鶏肉,牛肉,羊肉,豚肉,馬肉を分析しました。

また,不法に由来の不明な肉種が混入された場合,その動物に投与されている各種医薬品の残留によるヒトの摂取が問題になります。以下に食肉中の動物用医薬品の分析例を示します。
 食肉中の合成抗菌剤の分析(LCMS)
 食肉中の抗菌剤の分析(LC)
 食肉中のホルモン剤の分析(LCMS)
 家畜飼料中の抗生物質の分析(LC)
 チーズ中の抗生物質の分析(LC)

<結果>
鶏肉由来の218bp,牛肉由来の268bp,羊肉由来の331bp,豚肉由来の359bp,馬肉由来の430bp のフラグメントが明瞭に分離され,それぞれの肉種を鑑別することができました。

食肉 5 種の Ampdirect ® 増幅産物分析結果(MultiNA ゲルイメージおよびエレクトロフェログラム)

食肉5種のAmpdirect®増幅産物分析結果(MultiNA ゲルイメージおよびエレクトロフェログラム)

<分析手順>
分析装置 : MCE-202 "MultiNA"
分析モード: DNA-500 プレミックス

混合比を変えた食肉 3 種の Ampdirect ® 増幅産物分析結果

混合比を変えた食肉3種の Ampdirect ® 増幅産物分析結果

サンプル調製フローと反応温度条件

サンプル調製フローと反応温度条件

PCR プライマー:松永らの論文(日本食品科学工学会誌, 46(3), 187, 1999)を参考にして,塩基配列に若干の改変を加えたものを用いています。

試薬:

  • Ampdirect® (島津製作所) P/N 241-08890-92
  • DNA-500 Reagent Kit for MultiNA (島津製作所) P/N 292-27910-91
  • SYBR®Gold nucleic acid gel stain (インビトロジェン) S-11494
  • 25bp DNA ラダー (インビトロジェン) 10597-011

詳細データや,DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置,MultiNAを使った関連データは
アプリケーションニュース(会員制サイト)でご紹介しています。

アプリケーションノートでも、関連アプリケーションとして以下ご紹介しています。

  • No.4 食品中のアレルゲン物質検査
  • No.15 遺伝子組換え食品の検査,分析
  • No.25 AFLP 法を用いた太平洋クロマグロ雄に特徴的なDNA 断片のスクリーニング
MultiNA DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置 MCE-202 “MultiNA“

DNA/RNA分析用マイクロチップ電気泳動装置

DNAやRNAの核酸サンプルのサイズ(大きさ)確認やおおまかな定量を,迅速かつ簡単に行えるマイクロチップ電気泳動装置です。マイクロチップを用いた高速な電気泳動分離を,蛍光検出により高感度に,しかも全自動で分析する装置です。

Top of This Page