熱特性

CNF樹脂複合材料の熱特性

 
示差走査熱量計 DSC-60 Plus

示差走査熱量計
DSC-60 Plus

示差走査熱量計(DSC)は,試料の吸熱・発熱に伴う熱流の変化を検知し,高分子材料の融解を観測できる装置です。
このDSCを用いてCNFを強化材に使用した熱可塑性樹脂の複合材料(CNF強化樹脂)の融解熱量を測定しました。熱可塑性樹脂はリサイクルが可能なため,CNF強化樹脂の融解熱量を測定することにより,リサイクル品のCNF含有率を推定することができます。

  • 低温から高温まで安定したベースラインの実現
  • 液体窒素用冷媒槽を標準装備
  • テンプレート方式による自動解析

CNF0%,3%,5%,10%含有したPA6を0℃~250℃まで加熱後,0℃まで冷却して再度加熱した時のDSC曲線から融解熱量を求めました。CNF含有率の増加とともに融解熱量が減少しており,CNF含有率と融解熱量には直線的な関係が得られました。

Top of This Page