金属

ダイナミック超微小硬度計強度/硬さ

DUH-211/DUH-211Sは、従来のくぼみの対角線長さを測定するのではなく、負荷と押しこみ深さの関係をリアルタイムに計測し表面物性を評価します。押しこみ深さは自動的に測定されますので、個人誤差無く、金属材料を始めとして、薄膜,表面処理層,微小電子部品,プラスチック、ゴム、セラミックスなど、あらゆる材料の表面物性評価に威力を発揮します。

duh

原理

計装化押込み硬さ試験法は試験力と押込み深さから硬さを測定する方法であり、マイクロインデンテーション法は計装化押込み硬さの中の一つです。
押込み深さから直接接触面積が計算されるため、の圧痕の稜線が特定できない試験片(例:プラスチック、ゴム、ガラスなど)の硬さ測定が可能です。

System Functions

Top of This Page