金属

CTマイクロフォーカスX線透視/CTシステム製品形状

広大な検出エリア、最大1,400万画素相当の入力解像度、そして更なる改良を加えた高出力マイクロフォーカスX線発生装置によって、「高出力装置では軟素材のコントラストは得られない」という常識を覆す、広視野・高解像度・高コントラストな断面画像を得ることができます。

ct

原理

X線発生装置とX線検出器との間に検査対象物(ワーク)を設置します。
360°回転させて、あらゆる角度からのX線透過データを収集して、断面画像を計算します。

System Functions

Top of This Page