Jetanizerを用いた水素燃料中の微量一酸化炭素分析

ダウンロード

ユーザーベネフィット

-Jetanizerを用いることでCOがFIDで検出可能となり、シンプルなシステム構成で分析可能です。 -COやCO2を、 N2キャリアガスでも再現性良く微量分析することができます。

はじめに

昨今、水素(H2)を燃料として電気を発生させる燃料電池の技術発展にともない、燃料電池自動車や家庭用燃料電池の普及が進んでいます。水素燃料の効率低下を引き起こす主な不純物として、一酸化炭素(CO)、二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)などがあります。そのため、国際規格ISO 14687-2では、これら不純物の許容濃度を規定しています。 これらの水素燃料中の不純物を分析する際に使用可能なGC検出器として、キャリアガスにヘリウム(He)を使用するBIDがありますが、昨今のHe供給問題により代替キャリアガスを利用した高感度分析の需要が高まっています。 JetanizerはActivated Research Company社が開発したFIDノズル型メタナイザーで、ノズル内部に触媒が充填されています。FIDノズルをJetanizerに付け替え、条件を若干変更するだけで、通常FIDに感度がないCOやCO₂を分析可能なCH₄に変換することができます。Jetanizerを用いることで、N2キャリアガスでCOやCO₂、CH4などを高感度に同時分析することができます。 本アプリケーションニュースでは、 JetanizerとBrevis GC2050を用いて水素燃料中の不純物の一つであるCO(許容濃度:0.2 ppm)の分析をした例をご紹介します。 なお、Jetanizerの性能についてはアプリケーションニュース「01-00599」をご参照ください。 本分析は省スペースながら妥協のない分析性能を実現した、Brevis GC-2050 (図1)により分析を行いました。GC2050は既存GCと比較して設置面積を約35%削減可能で、生産性向上にも貢献します。

2024.04.10

関連製品