オリゴヌクレオチドの逆相イオンペアクロマトグラフィーによる分離条件探索の効率化

ダウンロード

ユーザーベネフィット

- オリゴヌクレオチド及び関連不純物の最適分離条件探索の一連のワークフローをLabSolutions MDにより効率化できます。 - オリゴヌクレオチド及び関連不純物ピークをシングル四重極質量分析計LCMS™-2050により正確にトラッキング可能です。 - イナートUHPLCシステムNexera™XS inert、Shim-pack Scepter™Claris(イナートカラム)により、オリゴヌクレオチドの金属配位性吸着を抑制し良好なピーク形状を得られます。

はじめに

アンチセンスオリゴヌクレオチド等に代表される核酸医薬品は、細胞内外の標的(遺伝子、タンパク質等)に作用することで薬効を発揮します。核酸医薬品は化学合成により製造されますが、その合成工程でヌクレオチドの伸長不良や保護基の除去不良等に関連する多くの不純物を生じるため、不純物を含む膨大な数のオリゴヌクレオチドの適切な分離が大きな課題となっています。LC分析の場合、一般に電荷を持った物質を分離する際に用いられる分離モードとして、逆相イオンペアクロマトグラフィー(RP-IP)があります。RP-IPでは、移動相に使用するイオンペア試薬の添加濃度や有機溶媒組成により分離パターンが変化しますが、変化の挙動はオリゴヌクレオチドの鎖長や塩基構成、修飾結合の有無等によって異なるため、対象配列ごとに分離を最適化することが重要です。本稿では、分析法開発支援ソフトウェアであるLabSolutions MDを活用し、鎖長及び修飾結合の異なるオリゴヌクレオチド及び関連不純物に対して、「初期スクリーニング」及び「最適化」の各フェーズにて、最適分離条件探索を効率化した事例についてご紹介します。

2023.04.12

関連分野