最適な分離モードを探すためのヒント

  • HPLCで使用される様々な分離モード

逆相クロマトグラフィー用のカラム充填剤には、ODS(Octa Decyl Silyl)カラムを第一選択としてよく適用されます。しかし、異性体分離では十分に分離が得られないことがあり、逆相クロマトグラフィーの一種であるPhenyl カラムが用いられます。

また、サイズ排除クロマトグラフィーは高分子化合物の測定に使用され、低分子化合物の分離が困難なケースが多いですが、データ処理によって高分子化合物と低分子化合物の同時分析が可能です。今回はPhenylカラムによる異性体分離の例と合成ポリマー中と高分子添加剤の同時分析の例をご紹介します。

 
 

お問い合わせ 

 

関連製品

Nexera

Nexeraシリーズ

Intelligence,Efficiency,Designのすべてが新たな業界標準となるUHPLC。 それが新しいNexeraシリーズです。

Top of This Page

お問い合わせ