圧力変動を検知して自動で復旧

液体クロマトグラフ流路内で ごく稀に発生する気泡は、圧力変動による保持時間の再現性不良やベースラインのうねり、ピーク形状の崩れなどさまざまな問題を引き起 こす厄介なトラブルとして知られています。

島津製作所製超高速液体クロマトグラフNexeraの送液ポンプLC-40に搭載されている自己診断・自己復帰機能は気泡による送液不良が生じた場合に、通常、作業者が状態を正常にさせるための作業を自動で実施する機能です。今回はこのメカニズムについて紹介します。

本内容は昨年開催されたPittcon2020でポスター発表しました。

 
 
 

お問い合わせ 

 

関連製品

Nexera

Nexeraシリーズ

Intelligence,Efficiency,Designのすべてが新たな業界標準となるUHPLC。 それが新しいNexeraシリーズです。

Top of This Page

お問い合わせ