HPLC搭載機能を使った作業効率の改善

アミノ酸のように誘導体化がいる化合物が分析のターゲットである場合、試薬と反応させる前処理が必要です。これらの作業は、作業者の熟練度によって分析の精度へ影響することがあります。また、複雑な組成の移動相の調製においても同じことが言えます。

ここでは、島津製作所製超高速液体クロマトグラフのオートサンプラーによる前処理機能を用いた自動誘導体化や共注入によるピーク形状改善の事例、また、送液ポンプLC-40による移動相ブレンディング機能による作業時間の削減例についてご紹介します。

 
 
 

お問い合わせ 

 

関連製品

Nexera

Nexeraシリーズ

Intelligence,Efficiency,Designのすべてが新たな業界標準となるUHPLC。 それが新しいNexeraシリーズです。

Top of This Page

お問い合わせ