[Vol5:セル・モジュール] 内部発生ガスの成分分析

内部発生ガスの一斉分析

内部発生ガスの一斉分析

リチウムイオン電池の劣化評価においては,内部に発生したガスの分析が必要です。当社独自のBID検出器を搭載した高感度ガスクロマトグラフシステムにより、水素を含む無機ガス類とC3までの低級炭化水素類が一斉に分析できます。このため、従来必要だったキャリアガス切り替えや複数装置の併用が不要となり、より簡単かつ迅速に測定可能です。

劣化に伴う発生ガスの組成変化確認

劣化に伴う発生ガスの組成変化確認

リチウムイオン二次電池は充放電を繰り返して劣化すると,容量維持率が低下します。高感度ガスクロマトグラフシステムを用いて,容量維持率の低下に伴う発生ガスの組成変化を調べた事例を紹介します。

お問い合わせはこちら 

 

リチウムイオン電池のアプリケーション・Webinarはこちら

Top of This Page

お問い合わせ