ヘリウム代替キャリアガスを用いた医薬品残留溶媒分析

医薬品残留溶媒の試験法は、日本薬局方やUSP(米国薬局方)General Chapters<467> Residual Solvents に規定されており、主にヘッドスペースGC 法が用いられます。GCのキャリアガスとしてはヘリウム(He)が一般的ですが、近年のHe供給不足や価格高騰が問題となっており、窒素(N2)や水素(H2)などの代替キャリアガスを用いた分析も求められています。

ここでは、He代替キャリアガスを使用した、Class 1, 2の残留溶媒の分析例を紹介します。

 
 

窒素(N2)キャリアガスを用いた分析例

 

水素(H2)キャリアガスを用いた分析例

関連製品

ヘッドスペース分析システム
 

ヘッドスペース分析システム

世界最高感度の検出器と電子式フローコントローラーを搭載したガスクロマトグラフ Nexis GC-2030,サンプルラインを最短に抑えたヘッドスペースサンプラ HS-20を組み合わせることで,高感度かつ高い再現性と低いキャリーオーバーを実現します。

 
 
Top of This Page

お問い合わせ