3Flex

多検体高性能比表面積/細孔分布測定装置

3Flex

幅広いニーズに対応した
多検体比表面積/ 細孔分布測定装置


触媒の分野で幅広く用いられているゼオライト・活性炭・MOF・PCP などのマイクロポア細孔分布測定から,蒸気吸着による細孔表面の親・疎水性の評価までをこの1台で,3サンプル同時測定可能。

MOF(Metal Organic Framework):金属有機構造体
PCP(Porous Coordination Polymer):多孔性配位高分子

3Flex は,ガス吸着法の
以下の規格に準拠しています。
JIS Z8830(ISO 9277)
JIS Z8831-2(ISO 15901-2)
JIS Z8831-3(ISO 15901-3)

ハイスループットな測定を実現

比表面積・細孔分布を3ポート同時に測定可能
   ●  各ポートに1000mmHg,10mmHg,0.1mmHgのトランスデューサを搭載することで3ポート同時に吸着測定ができ,長い測定時間を必要とする細孔分布も効率的な測定が可能となります。
   ●  マイクロポア測定可能なポート数は,2ポートと3ポートの2種類のモデルから選択できます。

極低圧での高信頼性測定を実現
VCR継手と空気圧駆動バルブにより高真空を維持
   マイクロポアの測定においては,低相対圧の吸着量を正確に求める必要があり,リーク量を小さくする事が重要です。
3Flexでは配管をVCR継手と空気圧駆動バルブを採用し,リークを最小限に抑える事が可能となりました。

きめ細かいガス吸着測定を実現
サーボ制御による高精度の吸着測定
   ガスの導入排出量をニードルバルブではなくサーボ制御することにより,ガスの排出ではサンプルの吸引をなくし,導入では任意のガス量をサンプルに吸着させることができます。

ガス吸着法は大きさや性質が既知であるガス分子を,固体表面に吸着させ,吸着したガス分子の量を測定し,比表面積や細孔分布を求める方法です。特に液体窒素温度における窒素ガス吸着がよく利用されます。
液体窒素温度において窒素ガスは個体の種類によらずその表面に吸着します。その量は周囲の圧力(吸着平衡圧)に依存し,単調性を持っています。

すなわち,真空域から圧力が増加する過程で,単分子層吸着,多層吸着へと移行し,さらには細孔内への毛管凝縮へと状態が変わっていきます。この状態変化を示すのが吸脱着等温線(isotherm)であり,ガス吸着法ではこの吸脱着等温線を測定することが基本になります。
下に基本的な吸脱着等温線パターンを示します。なお,吸脱着等温線の横軸は相対圧(relative pressure)で吸着平衡圧と飽和蒸気圧の比です。縦軸は吸着量です。
吸脱着等温線を測定し,単分子層吸着に着目することで比表面積を,吸着層の厚みと毛管凝縮を組み合わせることによりメソポア分布を,低相対圧域の微細孔への充填過程に注目することによりマイクロポア分布を,それぞれ得ることができます。

Top of This Page