トライスターII Plus 3030シリーズ

自動比表面積/細孔分布測定装置
Surface Area and Porosimetry Analyzer

トライスターII 3020シリーズ

トライスター II Plus 3030を用いて比表面積や細孔分布を測定する場合には,別置の試料前処理装置が必要になります。
試料前処理装置は,試料表面や細孔内に付着している水分などを除去するためのものです。
前処理の良否が比表面積や細孔分布の測定結果に大きな影響を与える場合があります。
トライスター II Plus 3030用の試料前処理装置は,以下の3機種が使用できます。

試料前処理装置

 

フロープレップ バキュプレップ スマートプレップ
060LB 061LB 065
外 観 フロープレップ060LB バキュプレップ061LB スマートプレップ065

前処理方式

加熱ガスフロー方式 加熱ガスフロー方式
加熱真空排気方式
(選択可能)
加熱ガスフロー方式

前処理ステージ数

6個(温度共通)

6個(独立温度設定可能)

温度範囲

室温~400℃

室温~425℃

温度精度

±5℃

±10℃

使用ガス

窒素、ヘリウム、アルゴン他の不活性化ガス

コンピュータ制御

不可

可能
トライスター3000ソフトウェアによる制御、 もしくはスタンドアロンソフトウェアによる

昇温・保持サイクル

  最大5サイクルまで

昇温速度

 

5~20℃/min

保持時間

  最大999min設定は1minきざみ

使用環境温度

動作時 10~35℃ 非動作時0~50℃

大きさ・重さ

幅36×奥行30×高さ43cm 約8.5kg 幅36×奥行30×高さ43cm 約10kg 幅50×奥行40×高さ50cm 約15kg
所要電源

100/120/220/240V AC±10%, 50/60Hz 最大250VA

85~265V AC±10%, 50/60Hz 最大500VA

 

 

※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

特長:前処理装置:仕様

Top of This Page

お問い合わせ