逆相精製自動スケールアップシステム ASAPrep

ASAPrep optimized purification

ASAPrep optimized purification

化合物精製・単離のための独自のアルゴリズム

LC-PDA-MS 測定結果から得られたターゲット化合物の保持時間から分取条件における初期有機溶媒移動相濃度を算出します。
算出にはあらかじめソフトウェアに登録された演算式を用います。
下記の例では,目的成分が4.3 分付近に溶出するようにグラジェント条件を設定しています。

L-Column ODS 2を用いた場合の分取条件算出例と分取結果

L-Column ODS 2を用いた場合の分取条件算出例と分取結果

スケールアップのプロセスを強力にサポートするProminence分取システムのご紹介

スケールアップのプロセスを強力にサポートするProminence分取システム

1システムでグラジェント分析とグラジェント分取の実行

分析/分取LCMSシステム構成図

幅広いニーズに対応する送液ユニット

LC-20AT

LC-20AT | 高精度分析からセミ分取まで対応
分析からセミ分取流量(~10 mL/min)まで対応できる送液ユニットです。
セミミクロ流量域でも高精度分析が可能です。

LC-20AR

LC-20AR | セミ分取,リサイクル分取に対応
セミ分取流量(~20 mL/min)まで対応できる送液ユニットです。
リサイクルキットの使用により,リサイクルセミ分取が可能です。

LC-20AP

LC-20AP | ラボにおける大量分取に対応
150 mL/minまでの高流量送液により,高効率大量分取をサポートします。
大量分取とともに低流量からの優れた送液性能により,分析カラムでの条件検討から大量分取へのスケールアップ,分取後の純度検定など,分取ワークフロー全般をサポートします。

幅広いニーズに対応した当社分取LCシステムラインアップ

(関連情報)HPLC分析の留意点:分取HPLCのはなし その1

Top of This Page