LCMS-8040

超高速トリプル四重極型LC/MS/MSシステム

クリックすると動画をご覧になれます

LCMS-8030の設計を見直し,イオン光学系の改良とCID効率の向上により,MRMとスキャン測定の高感度化およびかんたん操作の継承を実現したミドルクラス。
LCMS-8040がLC/MSアプリケーションの領域を広げます。

LCMS-8040アプリケーションデータ
最新資料:超高速LC/MS/MSによるエイコサノイドおよびその異性体の一斉分析(2012/12/26掲載)New!

⇒LCMS-8040システム概算定価見積のご依頼はこちら

LCMS-8040 -Enhanced Sensitivity-

高感度

イオン光学系とコリジョンセルの改良により,Multiple Reaction Monitoring : MRM感度(当社比: レセルピンのS/N)で5倍の向上を実現しました。マルチポールでのイオン収束を向上させるとともに,マルチポールレンズ間でのイオンロスを最小限にしたより明るいイオン光学系の採用で,トリプル四重極型質量分析計で可能なすべてのスキャンモード測定時において,感度向上を実現しました。MRMとスキャン測定の高感度化がLC/MSアプリケーションの領域を広げます。

高感度/高速性(1) -UF技術の融合による高感度化-
イオン光学系の改良による感度向上
コリジョンセル改良によるCID効率の向上

高速性

LCMS-8040の開発では,高感度化の際にLCMS-8030で実現した高速性を一切犠牲にしていません。新規開発したUFsweeper®コリジョンセル技術と島津製作所が保有する高精度四重極ロッドの加工技術および高圧電源の開発技術の融合が実現した最高555 MRMs/secの超高速MRM測定が可能です。世界最速15 msecでの高速極性反転とともにLCMS-8040の高速性と感度がUHPLCをフロントとしたLC/MSアプリケーションの領域を広げます。
※2012年5月現在,当社調べ
高感度/高速性(2) -汎用機を超えた高感度,高速性-
Q1フルスキャンスペクトルでの比較
トリプル四重極型質量分析計に特有なスキャンモードでの感度向上
卓越した耐久性
低フェムトグラム域での検出下限例

操作性の継承

LCMS-8030で最適化したMRM条件を無駄にせず,そのまま利用できます。さらにLCMS-8030をベースにリリースした各種メソッドパッケージの条件もそのままLCMS-8040で利用できます。脱溶媒管(Desolvation Line : DL),ESIキャピラリーなどの消耗品もすべて共通です。LabSolutionsの使用経験さえあれば,まったく違和感なくLCMS-8040をお使いいただけます。
操作性の継承(1) -インターフェースとMRM条件-
インターフェースの継承
メソッドの継承
操作性の継承(2) -ソフトウェア-
LabSolutions LCMS Ver.5.5 -MRM最適化機能-
LC/MS/MSメソッドパッケージ
定量用オープンアクセスソフトウェア Quan Solution
Profiling Solution V er.1.1

LCMS-8040のご紹介(動画)

Top of This Page