分析結果の自動転記で報告書の作成が容易な「マルチデータレポート」

ソフトウェア活用術Q&A (LabSolutions Q&A)

マルチデータ機能で分析結果を自動転記!

Q u e s t i o n :マルチデータレポートとは?
A n s w e r :分析結果を表計算ファイルに自動転記する機能です。
連続分析のバッチが終了すると,その結果を自動転記します。再解析バッチでも使えるので,既に分析が終了したデータを使って自動転記することも可能です

 ※ LabSolutions DBおよびLabSolutions CSのオプション機能です。LabSolutions LC/GCの場合,CLASS-Agent Ver.2とAgent Report機能を併用する事で自動転記がおこなえます。

手入力による転記のリスク

手入力による転記には転記ミスや転記作業に時間がかかる等のリスクがあります

マルチデータレポートの操作手順

マルチデータレポート機能(オプション)を使って転記ミス等のリスク回避!

N O T E
Microsoft Excelを用いたデータレポート作成も可能です。

Microsoft Excelを用いてマルチデータレポートを作成する方法

※ ExcelはMicrosoft社の登録商標です。
  あらかじめマルチデータレポート作成用PCにMicrosoft Excelをインストールください。

(関連製品1) LC,GC,LC/MS,LC/MS/MS用統合ソフトウェアLabSolutions(機能紹介編)のご紹介
(関連製品2) 市販のスマートフォンやタブレットPCからHPLCのモニターや制御を可能にするLabSolutions Directのご紹介
(関連製品3) GPC(ゲル浸透クロマトグラフ)システムもLabSolutionsから制御。ラボ内の分析機器管理を効率化LabSolutions GPCのご紹介
(関連製品4) 近未来ラボのHPLC像を提案する,新しい液体クロマトグラフ装置シリーズi-Seriesのご紹介
 講習会情報 LC,LC/MS講習会(高速液体クロマトグラフィー,液体クロマトグラフ質量分析法)
必要な機能をコンパクトボディに集約した近未来LC - i-Series-

⇒詳細お問い合わせはこちら

HPLCサポート:ソフトウェア活用術にもどる

Top of This Page