GCMSsolution

ガスクロマトグラフ質量分析計用ワークステーション

MRMメソッド作成を強力にサポート

MRM分析メソッドを作成するためには,化合物ごとに最適なトランジション設定が必要です。
ソフトウェアGCMSsolutionでは,データベースファイル「Smart Database」に登録されているトランジション情報を用いて,メソッド作成機能「Smart MRM」が最適な分析メソッドを作成します。データベースに登録されていない成分をMRM測定したい場合は,トランジション設定をサポートする「MRM Optimization Tool」によって最適なトランジションを自動探索します。

データベースファイルによるメソッド管理 - Smart Database -

「Smart MRM」機能を使用してメソッドファイルを作成するために必要なデータベースファイル「Smart Database」。データベースファイルには,化合物情報およびトランジションだけでなく保持指標も登録されており,保持時間自動修正機能(AART機能)を用いることで,標準試料を分析して保持時間を算出しなくともメソッド作成へと進むことができます。データベースファイルには,シングルGC-MSのスキャン/SIMのイオン情報やマススペクトルを追加登録できます。

→ Smart Databaseのご紹介

メソッド作成の自動化 - Smart MRM -

「Smart MRM」とは,成分ごとに最適な測定時間を自動的に設定したメソッドを自動作成する機能です。多成分一斉分析メソッドを作成する場合,従来は測定パラメータの設定が複雑になり,適切なメソッド作成が困難でしたが,この機能を用いれば対象成分の溶出時間帯だけデータを採取するメソッドを自動作成できます。また,MRMのみならずSIMのメソッドも作成可能です。

最適なトランジションの自動探索 - MRM Optimization Tool -

データベースに登録されていない成分のメソッド開発も強力にサポートする「MRM Optimization Tool」を用意しております。トランジションの設定には多くの分析と解析時間を要しますが,「MRM Optimization Tool」機能では,一連の作業を自動化しMRMメソッド作成をサポートします。各コリジョンエネルギー(CE)によって採取したプロダクトイオンスキャンデータから,最適な値を自動探索するほか,設定された情報はデータベースファイル「Smart Database」に登録し,「Smart MRM」でメソッド作成ができます。

Top of This Page