GCMSsolution

ガスクロマトグラフ質量分析計用ワークステーション

メソッドを効率よく作成・運用するための機能が充実

保持時間の自動修正機能 AART(Automatic Adjustment of Retention Time)

AART機能では保持指標(LRIs)とn-アルカンの保持時間から,目的成分の保持時間を修正します。AART機能によりMRMによる多成分同時分析のような複雑なメソッドでも簡単に保持時間や分析時間の修正ができます。

スキャン/SIMパラメータ自動作成機能(COAST)

スキャンモードでは感度が不十分な成分については,スキャン/SIM同時測定(FASST)モードで測定することにより,マススペクトルの定性情報を保持しながら高感度測定することができます。 スキャン/SIMパラメータ自動作成機能 (COAST) 機能では,スキャンモードで測定したデータから自動的にFASSTモード測定のメソッドファイルを作成します。FASST測定を行う成分を選択するだけで,必要な分析パラメータが設定されたメソッドファイルが自動的に作成され,簡単にFASST分析へ移行することができます。 クロマトグラフ上のマウスクリックで,簡単に測定グループ時間の微調整を行うことも可能です。

Top of This Page