FTIR 付属品

測定方法: 全反射(ATR)測定,反射測定,拡散反射測定,透過測定,錠剤測定,液体セル,微小試料測定

全反射(ATR)測定

     
 
 

試料室一体型1回反射型全反射測定装置
QATR10/QATR-S

1回反射の水平型ATRです。直径1.8mmのプリズムが水平に配置され、プリズムに試料を押し付けて測定します。プリズムはダイヤモンドのみでできていますので、400cm-1までのスペクトルを測定できます(広帯域仕様)。
プラスチック、繊維、フィルム、紛体のような固体試料や液体試料が測定可能です。
オプションとして、ダイヤモンド(ハイスループット仕様)、Ge、ZnSeのプリズムが用意されています。黒色ゴムのような屈折率の高い試料を測定する場合はGeプリズムを使用します。試料とプリズムを密着させるためのクランプ部にはトルクリミッタが内蔵されているため、圧力をかけすぎてプリズムを破損してしまう心配がありません。

QATR10

QATR-S

 

試料室一体型1回反射型全反射測定装置
QATR10/QATR-S

1回反射の水平型ATRです。 直径1.8mmのプリズムが水平に配置され、プリズムに試料を押し付けて測定します。プリズムはダイヤモンドのみでできていますので、400cm-1までのスペクトルを測定できます(広帯域仕様)。
プラスチック、繊維、フィルム、紛体のような固体試料や液体試料が測定可能です。
オプションとして、ダイヤモンド(ハイスループット仕様)、Ge、ZnSeのプリズムが用意されています。
黒色ゴムのような屈折率の高い試料を測定する場合はGeプリズムを使用します。試料とプリズムを密着させるためのクランプ部にはトルクリミッタが内蔵されているため、圧力をかけすぎてプリズムを破損してしまう心配がありません。

IRAffinity-1S + QATR10

 

IRSpirit + QATR-S

測定可能波数範囲:ダイヤモンド(広帯域仕様) ~ 40cm-1 ※
        :ダイヤモンド(ハイスループット仕様)~400cm-1
        :ZnSe ~500cm-1
        :Ge ~480cm-1

付属品認識機能付きで、QATR10はIRTracer-100/IRAffinity-1シ
リーズ専用、QATR-SはIRSpirit専用の付属品です。
(IRAffinity-1シリーズにオプションで青色のASCコネクタが取り付
けられている場合は、使用できません。)
※測定可能な波数範囲はFTIR本体の仕様で決まります。IRAffinity-1シ
リーズやIRTracer-100(中赤外仕様)、IRSpiritでは~400cm-1になります。

 

 

測定できる資料

・ フィルム ・ 紙 ・ ゴム ・ 成型プラスチック
・ 表面コーティング ・ 液体、ゲル状試料 ・ 粉体

 

対応機種

 

QATR10 : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1
QATR-S : IRSpirit
 

全反射測定装置
ATR-8000A,ATR-8000

全反射測定装置

ATR-8000シリーズは試料への入射角度を30°,45°,60°の3段階に変えて深さ方向の情報が取り出せるように工夫されています。
試料はプリズムの両サイドを挟み込むようにセットします。プリズム両面に試料が取り付けられるので,感度がよくなります。KRS-5プリズムが標準装備です。屈折率の高い試料を測定する場合は,Geプリズムを使用します。
ATR-8000Aは付属品認識機構付です。

ATR-8000の光学系
ATR-8000の光学系

特長

 

  • 試料交換毎のプリズム位置の調整は不要。
  • 試料ホルダが一点支持でプリズムに不要な力がかからない。
  • 25回反射(45°入射)で高感度(両面)。
  • 最大試料寸法は40×15mm 厚さ10mm。
  • KRS-5プリズムの測定波数下限は400cm-1
  • Geプリズムの測定波数下限は700cm-1。屈折率の高い試料や強酸性・強アルカリ性の試料が測定できます。ただし,pH3を超える強酸性試料を測定すると,プリズムやプリズムホルダが腐食する場合があります。別途ご相談ください。

 

プリズム寸法
プリズム寸法(mm)

測定できる試料

・フィルム ・紙 ・ゴム ・平らなプラスチック
・平らな金属の表面コーティング

 

対応機種

 

ATR-8000A : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21
ATR-8000 : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

水平型全反射測定装置
ATR-8200HA,ATR-8200H

水平型全反射測定装置

水平型ATRと呼ばれる付属品です。
測定原理は通常のATRと同じですがプリズムが水平に配置されているのでATR-8000/8000Aではできない液体やゲル状試料も測定できます。
ZnSeプリズムが標準装備です。屈折率の高い試料や強酸性・強アルカリ性の試料を測定する場合は,Geプリズムを使用します。
ATR-8200HAは付属品認識機構付です。

ATR-8200Hの光学系
ATR-8200Hの光学系

特長

 

  • 液体用,固体用2種類のプリズムを標準装備。
  • プリズムはワンタッチで取り外しができ,試料の交換やプリズムの洗浄が簡単。
  • ZnSeプリズムの測定波数下限は700cm-1。pH5~9の試料が測定できます。
  • Geプリズムの測定波数下限は700cm-1。屈折率の高い試料や強酸性・強アルカリ性の試料が測定できます。ただし,pH3を超える強酸性試料を測定すると,プリズムやプリズムプレートが腐食する場合があります。別途ご相談ください。
  • 反射回数は10回。
  • プリズムの大きさは80mm×10mm。
  • KRS-5プリズムの測定波数下限は400cm-1
 

 

測定できる試料

・フィルム ・紙 ・ゴム ・平らなプラスチック
・平らな金属の表面コーティング ・液体,ゲル状試料

 

対応機種

 

ATR-8200HA : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21
ATR-8200H : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

1回反射型全反射測定装置
MIRacle A(ZnSeプリズム),MIRacle(ZnSeプリズム)
MIRacle A(Geプリズム),MIRacle(Geプリズム)

1回反射型全反射測定装置

1回反射の水平型ATRです。
直径約2mmのプリズムに試料を押し付けて測定します。プリズムが水平に配置されており,また小さなプリズムに試料を押し当てるので,液体試料なら数滴滴下するだけで,また,プラスチック・繊維・フィルム・粉体のような固体試料を測定できます。屈折率の高い試料や強酸性・強アルカリ性の試料を測定する場合は,Geプリズムを使用します。
MIRacle Aは付属品認識機構付です。

 

特長

 

  • 小型のプリズムを使用しているので,小片の固体試料や少量の液体でも測定可能
  • ZnSeプリズムの測定波数下限は650cm-1
    pH5~9の試料が測定できます。
  • Geプリズムの測定波数下限は700cm-1。屈折率の高い試料や強酸性・強アルカリ性の試料が測定できます。ただし,pH3を超える強酸性試料を測定すると,プリズムやプリズムプレートが腐食する場合があります。別途ご相談ください。
  • ZnSeプリズムプレートとGeプリズムプレートの交換が可能
  • 反射回数は1回
  • プリズムの大きさは約2mm
 

 

測定できる試料

・フィルム ・紙 ・ゴム ・成型プラスチック
・表面コーティング ・液体,ゲル状試料 ・粉体

 

対応機種

 

MIRacle A(ZnSeプリズム) : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21
MIRacle(ZnSeプリズム) : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ
MIRacle A(Geプリズム) : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21
MIRacle(Geプリズム) : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

試料室一体型1回反射型全反射測定装置
MIRacle 10

MIRacle 10 付属品単体

1回反射の水平型ATRです。
直径約1.5mmのプリズムが水平に配置され,プリズムに試料を押し付けて測定します。プリズムの材質として,ダイヤモンド(サポートエレメントZnSe),ZnSe,Geが用意されています。プラスチック,繊維,フィルム,粉体のような固体試料や液体試料が測定可能です。
酸性・アルカリ性の試料を測定する場合は,ダイヤモンドプリズムまたはGeプリズム,黒色ゴムのような屈折率の高い試料を測定する場合はGeプリズムを使用します。
測定波数下限は,ダイヤモンドとZnSeが600cm-1,Geが700cm-1です。
MIRacle 10は付属品認識機構付です。IRPrestige-21およびFTIR-8000シリーズには使用できません。

MIRacle 10 装置組み込み

測定できる試料

・フィルム ・紙 ・ゴム ・成型プラスチック
・表面コーティング ・液体,ゲル状試料 ・粉体

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1

試料室一体型1回反射型全反射測定装置
GladiATR 10

GladiATR 10 付属品単体

1回反射の水平型ATRです。
2.2×3mmのダイヤモンドプリズムが水平に配置され,プリズムに試料を押し付けて測定します。オプションとしてGeプリズムが用意されています。プラスチック,繊維,フィルム,粉体のような固体試料や液体試料が測定可能です。
黒色ゴムのような屈折率の高い試料を測定する場合は,オプションのGeプリズムを使用します。
プリズムはダイヤモンドのみで作られているために,測定波数下限は400cm-1です。オプションのGeプリズムは700cm-1です。GladiATR 10は付属品認識機構付です。IRPrestige-21およびFTIR-8000シリーズには使用できません。

GladiATR 10 装置組み込み

測定できる試料

・フィルム ・紙 ・ゴム ・成型プラスチック
・表面コーティング ・液体,ゲル状試料 ・粉体

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1

試料室一体型水平型全反射測定装置
HATR 10

HATR 10 付属品単体

プリズムが水平に配置され,試料をプリズムに押し付けて測定します。プリズムの材質はZnSeで,オプションとしてGeプリズムが用意されています。フィルム,ゴム,平らなプラスチックのような平坦な固体試料や液体試料が測定可能です。粉体試料や微小試料の測定には適していません。
黒色ゴムのような屈折率の高い試料を測定する場合は,オプションのGeプリズムを使用します。
HATR 10は付属品認識機構付です。IRPrestige-21およびFTIR-8000シリーズには使用できません。

HATR 10 装置組み込み

特長

 

  • 固体用と液体用の2種類のプリズムを標準装備
  • プリズムは簡単に取り外しができ,プリズムの洗浄や交換が簡単
  • ZnSeプリズムの測定波数下限は700cm-1。pH5~9の液体試料が測定できます。
  • Geプリズムの測定波数下限は700cm-1。屈折率の高い試料や酸性・アルカリ性の試料が測定できます。ただし,pH3を超える強酸性試料を測定すると,プリズムやプリズムプレートが腐食する場合があります。別途ご相談ください。
  • 反射回数は10回
  • プリズムの大きさは80mm×10mm
 

 

測定できる試料

・フィルム ・紙 ・ゴム ・成型プラスチック
・表面コーティング ・液体,ゲル状試料 ・粉体

 

対応機種

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1

反射測定

正反射測定装置
SRM-8000A,SRM-8000

正反射測定装置

正反射法は試料の反射スペクトルを測定するため古くから利用されてきました。
SRM-8000シリーズは単に反射スペクトル測定だけでなく,クラマース・クローニッヒ解析(Kramers-Kronig=K-K解析)と組み合わせ試料の吸収スペクトルが測定できます。
ATR法で必要なプリズムを使わずに,高分子などの吸収スペクトルが得られます。
SRM-8000Aは付属品自動認識機能付です。

SRM-8000の光学系
SRM-8000の光学系

特長

 

  • 試料の測定面を下にしておくだけで測定可能
  • K-K変換を用いて,正反射スペクトルから吸収スペクトルを簡単に計算
  • 入射角は平均10°
 

 

測定できる試料

・平らな金属のμmオーダーの表面コーティング
・平らなプラスチック

 

対応機種

 

SRM-8000A : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21
SRM-8000 : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

高感度反射測定装置
RAS-8000A,RAS-8000

高感度反射測定装置

高感度反射法はFTIR特有の分析手法です。
左図のように金属基板に対し垂直偏光,水平偏光が入射すると,それぞれ位相の変化が生じます。
垂直偏光の場合には,入射角にかかわらず位相の変化は,ほぼπとなり入射光,反射光の電場ベクトルは互いに打ち消しあい形成される定常波の振幅はほとんどゼロとなり試料による吸収は反射されません。
平行偏光の場合には,位相の変化は入射角によって変化し入射角が0°のときのゼロの値から入射角が90°のときのπまで連続的に変わります。このときに形成される定常波の振幅も入射角に応じて変化し,入射角が大きい場合には大きな振幅の定常波となり,試料との相互作用も大きくなり感度の増加がみられます。このため金属などの高反射率物質の表面に付着している薄膜を感度良く測定することができます。グリッド偏光子と組み合わせるとさらに高い感度が得られます。
RAS-8000Aは付属品自動認識機能付です。

高感度反射法の原理
高感度反射法の原理

特長

 

  • 試料の測定面を下にしておくだけで測定可能
  • 入射角は70゜と75゜から選択可能
 

 

測定できる試料

・平らな金属のnmオーダーの表面コーティング
・平らなプラスチック

 

対応機種

 

RAS-8000A : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21
RAS-8000 : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ
RAS-8000の光学系
RAS-8000の光学系

拡散反射測定

拡散反射測定装置
DRS-8000A,DRS-8000

拡散反射測定装置

拡散反射法はFTIRの応用のうち最も広く利用されているもののひとつです。DRS-8000シリーズは高いスループット(光利用率)と簡単な操作法を実現しています。
拡散反射法では希釈するKBrなどの粉体による赤外光の散乱の影響を補正する必要があります。
IRPrestige-21,IRAffinity-1,FTIR-8000シリーズはK-M変換(クベルカ・ムンク変換)による散乱補正機能を標準装備しています。
DRS-8000Aは付属品自動認識機能付です。

DRS-8000の光学系
DRS-8000の光学系

特長

 

  • 試料上の光束が小さく(1.8mm×1.8mm)少ない試料で十分
  • スライド式で試料交換も容易
  • K-M変換標準装備(データ処理)
 

 

測定できる試料

 

  • 粉体試料
 

 

対応機種

 

DRS-8000A : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21
DRS-8000 : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

SiCサンプラ

SiCサンプラ

拡散反射法は粉末状の試料をKBr粉末などの希釈剤とよく混ぜて測定します。 このため固体状態の試料は刃物などで削って粉末にする必要がありましたが,このSiCサンプラを用いると手軽な測定が可能です。

SiCサンプラの構造
SiCサンプラの構造

特長

 

  • KBrなどの希釈剤が不要
  • SiC(シリコンカーバイド)の紙ヤスリで試料をこすって直接サンプリング(SiCは硬度9.0と硬く化学的にも安定)
  • 紙ヤスリに付着した試料をホルダごとDRS-8000シリーズにつけてそのまま測定
  • リファレンススペクトルは紙ヤスリそのままで測定
 

 

測定できる試料

 

  • プラスチック成形品
 

 

対応機種

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

透過測定

マグネティックフィルムホルダ

マグネティックフィルムホルダ

厚さ0.5mmまでのフィルムを保持するホルダです。フィルムはバックプレート(SUS430)とゴム磁石の間に保持され,そのまま,カセッテに取り付けて測定します。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

ガスセル

ガスセル

気体試料を測定するときはガスセルを使用します。成分の濃度に応じて,光路長を選択します。

短光路ガスセル
5cmガスセル,10cmガスセル

濃度の高い気体試料を測定する際に使用します。
容積を小さくするためにセル筒は円錐台形になっており,内容積は42mL(5cmガスセル),98mL(10cmガスセル)となっています。
ガスセル筒はガラス製です。

 

対応機種

 

5cmガスセル : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ
10cmガスセル : IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

長光路ガスセル

長光路ガスセル

希薄な気体試料を測定する場合は光路の長いガスセルを使用します。長光路ガスセルはセル内部で何度も折り返して,光路長を長くします。
長光路ガスセルには試料室取り付け型と第2試料室型があります。
検出器は通常MCT検出器を使用します。
測定対象のガス成分,濃度,温度,容量などにより長光路ガスセルの光路長,ガスセル本体の材質,窓板の材質,検出器を選択しなければなりません。適切な長光路ガスセルを使用していただくために,選択する際には弊社の担当者までご連絡ください。

長光路ガスセルの光学系
長光路ガスセルの光学系

対応機種

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

錠剤測定

ミニハンドプレス
MHP-1

ミニハンドプレス

手軽にφ4mmの錠剤を作るための手動式プレスと成型器のセットです。アルミニウム枠にできた錠剤を測定用ホルダに入れて測定します。錠剤成形器,真空ポンプは不要です。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

錠剤を作成するためにはMHP-1の他に以下のものもご用意ください。
KBr結晶 100g
メノウ乳鉢と乳棒 各1個
マイクロスパチュラ 1個
 

 

KBr錠剤成形器

KBr錠剤成形器

KBr錠剤を加圧形成する装置です。錠剤径はφ13mmです。1回の錠剤成形に必要なKBr結晶の量は約200mg,試料は1~2mgです。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

錠剤を成形するには,KBr錠剤成形器一式の他に以下のものもご用意ください。透明度の高い良質の錠剤ができます。
ハンドプレスSSP-10A 1台
真空ポンプSA18-3M 1台
KBr結晶 100g
メノウ乳鉢と乳棒 各1個
マイクロスパチュラ 1個
 

 

ハンドプレスSSP-10A

ハンドプレスSSP-10A

KBr錠剤を成形するための加圧装置です。油圧式で最高10トンまで加圧でき,圧力ゲージがついています。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

真空ポンプSA18-3M

真空ポンプSA18-3M

KBr錠剤成形時の脱水排気に使用するもので,排気速度10~30L/minの使いやすい小形回転式真空ポンプです。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

メノウ乳鉢と乳棒

メノウ乳鉢と乳棒

KBr錠剤法,拡散反射法,ヌジョール法で試料とKBrやヌジョールの混合に使用します。

 

対応機種

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

 

液体セル

液体セル

液体セル

不揮発性液体の測定や,ヌジョールペースト法,フィルム法などによる固体の定性分析に使用します。このセルは測定するごとに分解したり組み立てたりしますので,組立セルとか分解セルとも呼ばれます。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

液体用気密セル

液体用気密セル

揮発性液体の測定に適します。このセルは測定者が適当な厚さのスペーサを使って組立て,試料を注射器で注入口から注入,排出できる構造になっています。
ただし,液もれのないことを要求される場合は固定セルをご使用ください。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

固定セル

固定セル

溶液法で定量分析する場合や揮発性液体の測定に使用します。

 

対応機種

 

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

油分測定用セル(石英)

100mm円筒セルと油分セルホルダ
100mm円筒セルと油分セルホルダ

JIS K-0102に基づいて,四塩化炭素で抽出した廃水中油分を定量する場合には油分測定用セルを使用します。

 

測定できる試料

・鉱物油 ・植物油

 

対応機種

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1,IRPrestige-21,FTIR-8000シリーズ

微小試料測定

赤外顕微鏡 AIM-9000

自動不良解析システム
自動不良解析システム

IRTracer-100,IRAffinity-1/1Sの右横に取り付けて使用する赤外顕微鏡です。FTIRの利点をフルに活かす明るい理想的な光学系と高感度MCT検出器を採用し,微小試料の測定を高感度に行えます。さらに,オートアパーチャ機構,オートフォーカス機構など,より快適に分析が行えるための機構が満載され,微小試料の測定が簡単に行えます。
通常測定から顕微鏡測定へは,ワンタッチで切り換えられるので,通常測定時も顕微鏡を取り外す必要はありません。

 

特長

 

  • 理想の光学系,高感度MCT検出器を採用し,高感度測定を実現
  • オートアパーチャ機構,オートセンタリング機構,オートX-Yステージにより測定部位の決定が簡単
  • オートフォーカスにより焦点合せが簡単
  • 試料10箇所,バックグランド2箇所の測定部位を記憶
  • ステージ移動,アパーチャ設定,焦点合せや透過/反射,測定/観察の操作モード切り換えなど全ての顕微鏡の操作をPC画面上から制御可能
  • 顕微鏡本体のキーボードからも制御可能
  • 測定時に液体窒素が必要です。
 

 

対応機種

IRTracer-100,IRAffinity-1S,IRAffinity-1
Top of This Page