LabSolutions IR をFile版として使用する場合

LabSolutions IR のアップデートは,STEP1STEP3 の順で行います。

 

STEP 1: LabSolutions Managerのバージョン確認とダウンロード

LabSolutions IR を Ver.2.23 にアップデートする際,LabSolutions Manager のバージョンが 1.81 以前の場合は,LabSolutions Manager も Ver.1.86 SP2 にアップデートする必要があります。以下より LabSolutions Manager をダウンロードしてください。
ご使用中の LabSolutions Manager が既に Ver.1.86 SP2 である場合は,STEP2 に進んでください。

STEP 2: LabSolutions IR のダウンロード

以下より LabSolutions IR Ver.2.23 をダウンロードしてください。

STEP 3: ソフトウェアのアップデート

アップデート作業は必ず"管理者権限"でPCにログインして行ってください。

 

[アップデート方法]

  1. 既存 LabSolutions IR のバックアップ
    LabSolutions IR をアンインストールする前に LabSolutions IR の下記フォルダ

    LabSolutions IR Ver2.15以前: C:\Program Files\LabSolutions\IR
    LabSolutions IR Ver.2.16以降: C:\LabSolutions\LabSolutionsIR

    をハードディスクの他のフォルダやドライブにバックアップしてください。
     
  2. Agent接続キットのアンインストール(CLASS-Agentをご利用の場合のみ)
    Windowsの[スタートボタン] - [すべてのプログラム] - [LabSolutions] - [IR] - [Agent接続環境設定] をクリックします。Agent接続環境設定画面が表示されるので,設定内容をメモします。
    その後,LabSolutions IR Agent接続キット取扱説明書の『2.5 LabSolutions IR Agent接続キットのアンインストール』の項を参照の上,SkyPDF Server MT,Agent Connection Kit の順にアンインストールしてください。
     
  3. 旧バージョンソフトウェアのアンインストール
    LabSolutions IR 取扱説明書の据付・保守編『1.2 アンインストールする』の項を参照の上,旧バージョンの LabSolutions IR をアンインストールします。

    LabSolutions Manager のアップデートも実施する場合は LabSolutions IR のアンインストール後,LabSolutions Manager をアンインストールしてください。
     
  4. Accessory.ini の削除
    LabSolutions IR のインストールフォルダ内に「Accessory.ini」がある場合は削除します。
     
  5. 新バージョンソフトウェアのインストール
    LabSolutions IR 取扱説明書の据付・保守編『1.1.1 LabSolutions Manager プログラムのインストール』の項と『1.1.2 LabSolutions IR プログラムのインストール』の項を参照の上,「3. 旧バージョンソフトウェアのアンインストール」でアンインストールしたソフトウェアをインストールします。
     
  6. Agent接続キットのインストールと設定(CLASS-Agentをご利用の場合のみ)
    LabSolutions IR Agent接続キット取扱説明書の『2.4 LabSolutions IR Agent接続キットのインストール』の項を参照の上,Agent Connection Kitを再インストールします。
    再インストール後,Agent接続環境設定画面を開いて手順2でメモした内容を再設定します。
     
  7. 確認
    アップデートが完了したら,プログラムの改ざんチェックプログラムを使用してコピーが正しく行われたか確認してください。
    デスクトップの「LabSolutions」アイコンをダブルクリックして「LabSolutions メイン」画面を表示させます。次に「管理ツール」アイコンをクリックして「管理ツール」の中に表示されている「バリデーション」フォルダをダブルクリックしてください。「管理ツール/バリデーション」画面が表示されますので,その中の「プログラムの改ざんチェック」をダブルクリックして,「プログラム改ざんチェック」を起動します。「実行」ボタンをクリックして,プログラムの改ざんチェックの実行結果が<<改ざんなし>>と表示されれば完了です。
     
  8. ランチャー画面の設定の回復(LabSolutions IR のランチャー画面の設定を変更している場合,もしくは IR Pilot がインストールされている場合) 
    バックアップしたフォルダ内から次のファイルをコピーし,LabSolutions IR の下記フォルダに上書きします。

    IRlauncher.xml(C:\LabSolutions\LabSolutionsIR\Launcher)
     
  9. オプションプログラムの再インストール
    オプションプログラム(タイムコース測定,マッピング測定,PLS定量,波形分離,マクロプラットホーム,3次元処理)は,ご購入時のオプションプログラムCD から付属の手順書に従い再インストールしてください。装置ドライバの再インストールは必要ありません。
Top of This Page