LabSolutions IR をDB版として使用する場合

LabSolutions DB IRのアップデートは,STEP1STEP3の順で行います。

 

STEP 1: LabSolutions Manager DB のバージョン確認とダウンロード

LabSolutions IR を Ver.2.30 にアップデートする際,LabSolutions Manager DB のバージョンが 1.108 以前の場合は,LabSolutions Manager DB も Ver.1.108 にアップデートする必要があります。以下より LabSolutions Manager DB をダウンロードしてください。
ご使用中の LabSolutions Manager DB が既に Ver.1.108 である場合は,STEP2 に進んでください。

STEP 2: LabSolutions IR のダウンロード

以下より LabSolutions IR Ver.2.30 をダウンロードしてください。

STEP 3: ソフトウェアのアップデート

アップデート作業は必ず"管理者権限"でPCにログインして行ってください。

 

[アップデート方法]

  1. 既存LabSolutions IR のバックアップ
    LabSolutions IR をアンインストールする前に LabSolutions IR の下記フォルダ

    LabSolutions IR Ver2.15以前: C:\Program Files\LabSolutions\IR
    LabSolutions IR Ver.2.16以降: C:\LabSolutions\LabSolutionsIR

    をハードディスクの他のフォルダやドライブにバックアップしてください。
     
  2. 旧バージョンソフトウェアのアンインストール
    LabSolutions IR 取扱説明書の据付・保守編『1.6 アンインストールする』の項を参照の上,旧バージョンの LabSolutions IR をアンインストールします。

    LabSolutions Manager DB のアップデートも実施する場合は LabSolutions IR のアンインストール後,SkyPDF Server MT,LabSolutions Manager DB の順にアンインストールを行ってください。
     
  3. Accessory.iniの削除
    LabSolutions IR のインストールフォルダ内に「Accessory.ini」がある場合は削除します。
     
  4. 新バージョンソフトウェアのインストール
    LabSolutions IR 取扱説明書の据付・保守編『1.1.1 LabSolutions Manager プログラムのインストール』の項と『1.1.2 LabSolutions IR プログラムのインストール』の項を参照の上,「3. 旧バージョンソフトウェアのアンインストール」でアンインストールしたソフトウェアをインストールします。
     
    LabSolutions Manager のインストール時に「LabSolutions バージョンアップツール」の画面が表示された場合は以下の取扱説明書に従って操作を実施してください。
    LabSolutions バージョンアップツール取扱説明書  (17/05/23)
     
  5. 確認
    アップデートが完了したら,プログラムの改ざんチェックプログラムを使用してコピーが正しく行われたか確認してください。
    デスクトップの「LabSolutions」アイコンをダブルクリックして「LabSolutions メイン」画面を表示させます。次に「管理ツール」アイコンをクリックして「管理ツール」の中に表示されている「バリデーション」フォルダをダブルクリックしてください。「管理ツール/バリデーション」画面が表示されますので,その中の「プログラムの改ざんチェック」をダブルクリックして,「プログラム改ざんチェック」を起動します。「実行」ボタンをクリックして,プログラムの改ざんチェックの実行結果が<<改ざんなし>>と表示されれば完了です。
     
  6. ランチャー画面の設定の回復(LabSolutions IR のランチャー画面の設定を変更している場合,もしくは IR Pilot がインストールされている場合)
    IR Pilotを再インストールしてください。LabSolutions IRのランチャー画面の設定を変更している場合は再度手動で設定を行ってください。
     
  7. オプションプログラムの再インストール
    オプションプログラム(タイムコース測定,マッピング測定,PLS定量,波形分離,マクロプラットホーム,3次元処理)は,ご購入時のオプションプログラムCD から付属の手順書に従い再インストールしてください。
     
  8. 装置用ドライバのアップデート
    (1) 旧装置用ドライバのアンインストール
    LabSolutions IR Ver.2.30から装置用ドライバが変更されます。新しいドライバをインストールする前に以下の手順で旧ドライバをアンインストールしてください。
    1. FTIRを繋いだ状態で,スタートメニューを右クリックし,デバイスマネージャを選択して下さい。
    2. 「ユニバーサル シリアル バス コントローラー」の「SHIMADZU USB2.0 Controller」を右クリックし,「デバイスのアンインストール」を選択して下さい。
    3. デバイスのアンインストールダイアログで「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します。」にチェックを入れて,[アンインストール]ボタンを押してください。
    4. 削除が完了し,一覧から「SHIMADZU USB2.0 Controller」が消えていたらアンインストール成功です。
    (2) 新装置用ドライバのインストール
    以下の手順で新ドライバをインストールしてください。
    1. ディスクドライブにLabSolutions IRのインストールディスクを入れてください。
    2. FTIRを繋いだ状態で,スタートメニューを右クリックし,デバイスマネージャを選択して下さい。
    3. 「ほかのデバイス」に接続したFTIRの名称が表示されていることを確認し,表示された名称を右クリック -[ドライバーの更新]を選択して下さい。
    4. [コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]をクリックして下さい。
    5. [参照]をクリックし,ディスクドライブを指定して下さい。
    6. [サブフォルダも検索する]にチェックを付けて,[次へ]をクリックして下さい。
    7. 画面の指示に従ってドライバをインストールして下さい。
Top of This Page

お問い合わせ