LabSolutions IR Ver.2.12 ダウンロード

LabSolutions IR Ver.2.00, 2.02, 2.10, 2.11を Ver.2.12 へアップデートするプログラム(日本語版)をご用意しました。 制限事項およびアップデートの方法についてはそれぞれの項目をご参照ください。

<注意>

  1. アップデートプログラム保存メディアについて
     LabSolutions IR Ver.2.12 アップデートプログラムは容量が大きいため, 保存にはCD-RもしくはDVD等の大容量メディアが必要です。
  2. プロダクトキーについて
     アップデート時に,プロダクトキーの入力が必要になります。プロダクトキーは,お持ちの LabSolutions IR インストール CD のケースに記載されています。事前にご確認ください。
  3. LabSolutions Managerのバージョンについて
     LabSolutions IR Ver.2.12を使用するには,LabSolutions ManagerをVer.1.20 (File版の場合)またはVer.1.31 (DB/CS版の場合)にアップデートする必要があります。
  4. 特注プログラムをお使いのお客様へ
     旧ソフトウェアのIRsolution でお使いの特注のマクロプログラムは LabSolutions IR Ver.2.12 では動作しませんのでご注意ください。
  5. 臭素系難燃剤判別プログラム(通称 RoHSソフトウェア)をお使いのお客様へ
     旧ソフトウェアのIRsolutionでお使いの臭素系難燃剤判別プログラム Ver.1.50 はLabSolutions IR Ver.2.12では正常に動作しません。バージョンアップの前に,弊社営業までご連絡ください。

アップデート作業終了時には,お客様が日常使用されている機器管理記録に,本作業の結果を記録してください。 なお,アップデート作業に関係する問題が発生した場合の対処をお客様責任で行えない場合は,本作業は当社フィールドエンジニアにご依頼ください(有償)。

このアップデートプログラムは,LabSolutions IR Ver.2.00, 2.02, 2.10, 2.11日本語版に対してお使いいただくことができます。

LabSolutions IR Ver.2.12

 ReleaseNote : 修正点・注意点のリスト
   releasenotes.pdf (PDFファイル; 573kB)

 アップデートプログラム
   labsolutionsir212cd.zip (日本語版,アップデートプログラム; 391MB)

 ISO適合宣言書 : バリデーション宣言書, Certificate of Compliance
   certificateofcompliance.pdf (PDFファイル; 44kB)



[用 途]
 LabSolutions IR Ver. 2.00, 2.02, 2.10, 2.11を Ver.2.12 へアップデート

[制限事項]
  • このプログラムは,アップデート専用です。
  • CLASS-matesを受け取られた方が対象です。
  • 標準据付されたPCとOSの組み合わせに対してのみアップデートできます。
  • Windows®7 professionalでのみ使用可能です。
  • HYPER-IR / IRsolution をご使用中の場合,本セットアッププログラムは使用できません。

[アップデート方法]
アップデート作業は,必ず"管理者権限"でPCにログインして行ってください。
なお,CLASS-Agentをご利用の場合は,Agent接続キットのアンインストールと再インストールおよび設定を行う必要がありますので,Agent接続キットのインストールディスクをご用意ください。

  1. アップデートプログラムのダウンロード
    下記のリンクからアップデートプログラムの圧縮ファイル (labsolutionsir212cd.zip) を選択してダウンロードしてください。 ダウンロードファイルは,ZIP形式の圧縮ファイルとなっています。 ハードディスク上の適当なフォルダーにダウンロードしてください。ダウンロードサイトにアクセスできない場合や,回線の都合などでダウンロードに問題がある場合は,弊社営業までお問い合わせていただき,アップデートキットをご購入ください。

    「LabSolutions IRバージョンアップキット取扱説明書なし(部品番号:206-74555-93)」
  2. Agent接続キットのアンインストール(CLASS-Agentをご利用の場合のみ)
    Windowsの[スタートボタン]-[すべてのプログラム]-[LabSolutions]-[IR]-[Agent接続環境設定]をクリックします。Agent接続環境設定画面が表示されるので,設定内容をメモします。
    コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」をクリックし,「Agent Connection Kit」を選択して「アンインストール」をクリックしてください。
  3. LabSolutions IRのアンインストール
    コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」をクリックし,「LabSolutions IR」 を選択して「アンインストール」をクリックしてください。
    また,LabSolutions IRのインストールフォルダ(デフォルトではC:\Program Files\LabSolutions\IR)にある「Accessory.ini」というファイルを削除してください。
  4. アップデートプログラムの展開
    ダウンロードした labsolutionsir212cd.zipを適当な作業フォルダーにコピーし,ファイルを選択のうえ右クリックメニューから「すべて展開」を選んでください。アップデートプログラムが展開されます。(例:圧縮(ZIP形式)フォルダーの展開画面で展開先フォルダーに「C:\TEMP」を指定した場合,作成されるフォルダーは「C:\TEMP」となります)
  5. アップデート CD の作成
    展開したアップデートプログラムはそのままでも使用できますが,CD-R,DVD 等で保存されることをお勧めします。展開先フォルダー内の全てのファイルを CD-R にコピーし,「LabSolutions IR アップデートプログラム Ver.2.12」等,後で識別できるように記入してください。
  6. LabSolutions IR のアップデート(再インストール)
    展開されたフォルダー,またはアップデートCD 内の setup.exe を実行します。 セットアップウィザードが起動しますので,以降はウィザードに従ってアップデートを行ってください。アップデート中にお持ちの LabSolutions IR インストールCD のケースに記載されているプロダクトキーを入力します。

    インストール手順について
    LabSolutions IRのインストールは,取扱説明書据付保守編の「1.1.2 LabSolutions IRプログラムのインストール」の記述に従って行ってください。
  7. Agent接続キットのインストールと設定(CLASS-Agentをご利用の場合のみ)
    Agent Connection KitのインストールCDをPCに挿入し,Agent Connection Kitを再インストールします。再インストール後,Agent接続環境設定画面を開いて設定をやり直してください。
  8. 確認
    アップデートが完了したら,プログラムの改ざんチェックプログラムを使用して,コピーが正しく行われたか確認してください。
    デスクトップの「LabSolutions」アイコンをダブルクリックして「LabSolutionsメイン」画面を表示させます。次に「管理ツール」アイコンをクリックして「管理ツール」の中に表示されている「バリデーション」フォルダーをダブルクリックしてください。「管理ツール/バリデーション」画面が表示されますので,その中の「プログラムの改ざんチェック」をダブルクリックして,「プログラム改ざんチェック」を起動します。「実行」ボタンをクリックして,プログラムの改ざんチェックの実行結果が<<改ざんなし>>と表示されれば完了です。
  9. オプションプログラムの再インストール
    LabSolutions IR マクロプラットホーム,マッピングプログラム,PLS 定量プログラム,波形分離プログラムは,ご購入時のオプションプログラムCD から付属の手順書に従い再インストールしてください。
    臭素系難燃剤判別プログラム(通称 RoHSソフトウェア)をお使いの場合は,弊社営業までご連絡の上,指示に従ってください。
    特注プログラムをお使いの場合は,弊社営業までご連絡のうえ,指示に従ってください。

アップデートプログラムのダウンロードページへ


Windows®は,米国マイクロソフト社の登録商標です。
Adobe Readerは,Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の商標です。

Top of This Page