TOC-Lシリーズ(燃焼触媒酸化方式)

TOC-Lシリーズ

TOC計のベストセラー TOC-Vシリーズを更に進化させた

TOC-Lシリーズ

 TOC-Lシリーズは,島津が開発し世界に広めた 680℃燃焼触媒酸化方式を採用したTOC計です。
 4μg/L~30,000mg/Lの超ワイドレンジでありながら,NDIRとの連携により検出限界4μg/Lという燃焼触媒酸化方式では最高レベルの検出感度を誇ります。
 また,燃焼触媒酸化方式では,低分子の易分解性有機物だけでなく,不溶解性や高分子状を含めた難分解性有機物も高効率で酸化することが可能です。

→ 680℃燃焼触媒酸化方式の測定原理

4μg/L~30,000mg/Lの超ワイドレンジで超純水から高汚濁水まで適用可能(TOC-LCSH/CPH
 

  • TC,IC,TOC(=TC-IC),NPOC 測定のほか,オプション付加によりPOC(揮発性有機体炭素)やPOC+NPOC によるTOC,さらにTN(全窒素)の測定が可能
  • 自動的に装置内で製造した超純水を測定することでシステムブランクを評価するブランクチェック機能を装備
  • 自動希釈機能により30,000mg/Lまで測定可能

信頼性のある試料注入システム

  • 試料酸性化・通気を自動処理
  • 自動希釈機能で試料の塩分・酸・アルカリ濃度を下げることにより,触媒や燃焼管の保守期間を大幅に延長(試料や測定条件により,効果は異なります。)
  • オートサンプラ使用時にもTOC計単独測定用試料採取チューブを装備することで,飛び込み試料に柔軟に対応

用途に合わせて選べる4モデル

TOC-LCS
TOC-LCSH/CSN
スタンドアロンモデル
TOC-LCP
TOC-LCPH/CPN
PC制御モデル

 TOC-Lシリーズは,検出限界4μg/Lで純水測定を含む多様な用途に適用できる高感度モデルと,コストパフォーマンスを重視した標準モデルの2タイプに,それぞれLCD・キーボードを搭載したスタンドアロンモデルとPC制御モデルの2種類の制御タイプをご用意しています。

 また,外部インターフェイスにUSBを採用し,汎用性を高めました。スタンドアロンモデルでもPC用汎用プリンタおよびUSBメモリへの出力が可能になりました。

機能を更に拡張させるオプション群

 TOC-Lシリーズは,オプションの付加により,TOCとTN(全窒素)の同時測定(TNユニット付加時)や加圧空気の使用(キャリアガス精製キット付加時),ガス試料・固体試料の測定(ガス試料注入キット・固体試料燃焼装置付加時)など様々な機能の拡張が行えます。
 海水試料測定や少量試料対応オプションも充実させました。

 →  オプションのご紹介

省スペース・省電力設計

TOC-Lシリーズ

 当社従来機と比較して装置幅を約20%減らしました。実験室スペースを有効利用できます。また,TNユニットは本体上部に取り付けますので,付加する場合も設置幅は変わりません。

当社が認定したエコプロダクツplusです。
消費電力 当社従来機種比36%削減
     ((8時間稼働/1日)×(5日間稼働/1週間)の使用条件において)
 

Top of This Page