MOC-120H

水分計

 

特長

  • ワイドな秤量皿(Φ130mm)採用。多くの試料でも薄く均一にのせられます。乾燥ムラが少なく精密な測定が短時間で行なえます。
  • 広範囲の試料の乾燥効率に優れた中波長赤外線クオーツヒータを採用。理想的な乾燥を実現したうえに20,000~30,000時間と長寿命。
  • 計測の心臓部である天秤部には”UniBloc®”採用。温度変化による影響を受けにくく,無理なく0.001gの単位まで計測します。 
  • 測定モードは自動停止,時間停止,2つの停止モードと,標準,急速,緩速,ステップ等,乾燥モードの組み合わせにより9種類選べます。さらに試料毎に測定モードと計測温度監視変動巾等の測定条件を組み合わせ,全部で10通りの測定パターンを予め登録しておくことができます。後は試料に適した測定パターンをすばやく呼び出すことができます。
  • 測定中は質量の変化量を随時モニタできるアナログバーによる変動巾表示付き。視覚的に乾燥の状況を確認でき,終了時期の目安がつけやすくなります。
  • ユニークな,オートテア機能を搭載。天秤のゼロ点調整を自動的に行いながら測定できるユニークな方式です。長時間の測定でもゼロ点ドリフトが補正され極めて正確な測定可能。
  • 測定値に対してのバイアス補正機能付き。 測定結果を他の装置や方式で測定したデータに合せることができます。
  • 暗いところでも見やすいバックライト付きの大型液晶表示器採用。
バックライト付きの大型液晶表示器採用
 

多彩な乾燥モードで,さまざまな試料の水分測定に対応します。

■停止モード

自動停止モード

 

  • 自動停止モード

  • 30秒間の水分変化(変動巾%)が設定値以下になったとき自動停止します。

     

時間停止モード

 

  • 時間停止モード

  • あらかじめ設定した時間(t1)で停止します。

     

■標準以外の乾燥モード

急速乾燥モード

 

  • 急速乾燥モード

  • 乾燥初期段階に最高温度で乾燥させ,水分が減少したら設定温度に戻し,測定時間を短縮させます。

     

緩速乾燥モード

 

  • 緩速乾燥モード

  • 表面に膜を作る試料や,高温で分解しやすい試料などを緩やかに乾燥します。

     

ステップ乾燥モード

 

  • ステップ乾燥モード

  • 表面付着水や結晶水など多量の水分を含む試料を,段階的に乾燥条件を変え測定することができます。

     

■予測(比較)測定モード

予測(比較)測定モード

乾燥の過程から先の変化を予測し測定値(Mp)を求めます。測定時間が短縮されます。

 

乾燥の進行状況が一目でわかる,変動巾表示。

  • 変動巾表示とは赤外線水分計による加熱乾燥は,(図-2)の“M”のように乾燥初期に多量の水分が蒸発し,後半では水分の蒸発が減少します。これを水分の変化巾として表現したものが“ΔM”です。この“ΔM”を変動巾として表示部に表示します。(図-1)この変化を観察することで乾燥過程と,乾燥終了の目安をつける事ができます。
乾燥の進行状況が一目でわかる,変動巾表示。

乾燥の進行状況が一目でわかる,変動巾表示。
  • 専用プリンタによる出力例
専用プリンタ
出力例
電子式水分計 MOC-120H

※ 外観および仕様は改良のため,予告なく変更することがありますのでご了承ください。

Top of This Page

お問い合わせ