ビール中のオリゴ糖

ビール中のオリゴ糖

糖類の分析には,高速液体クロマトグラフが広く用いられますが,糖類の種類が多いため,試料により最適な分離法・検出法を選ぶ必要性があります。 図は,ビール中のオリゴ糖の分析例で,分配法で分離し,示差屈折率で検出します。このように分配法では,単糖類から10量体程度まで分析することができます。

ビール中のオリゴ糖の分析

ビール中のオリゴ糖の分析

高速液体クロマトグラフ

高速液体クロマトグラフ(HPLC)は,分析機器の流路に液体を流しておき,試料を入れるとカラムと呼ばれる分離管の中で試料成分が分離され,検出器でその量を測定する装置です。
この分析には、示差屈折率検出器付きシステムをお使いください。
 

Top of This Page