CO2吸収コンクリートの評価

球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出量を削減することは世界的な課題であり、カーボンニュートラルの実現に向けて各業界で様々な取り組みが行われています。建設業界では、コンクリートの材料であるセメントの製造過程で、多量のCO2が排出されることから、構成材料や製造工程の見直しが進められています。そのような取り組みの中で、大気中に排出されたCO2を回収し、材料中に吸収させる新規コンクリートの開発が注目されています。セメントの使用量を減らすだけでなく、CO2を吸収する材料を利用することでCO2排出量を大幅に削減することが期待できます。具体的にはコンクリート材料にCO2を吸収する混和材料を混合し、コンクリート中に炭酸塩としてCO2を固定する方法などが挙げられます。

アプリケーションニュース「TOC固体試料測定システムによるコンクリートのCO2吸収量評価」はこちらからダウンロードいただけます。 

関連製品

全有機体炭素計(TOC)

全有機体炭素計(TOC)は、水中の有機物質の炭素量を測定する機器です。水道水などの水質管理を始めとしたさまざまな分野で活用されています。TOC-Lシリーズは4μg/L~30,000mg/Lの超ワイドレンジで試料を測定でき、超純水から高汚濁水まで測定することが可能です。

固体試料燃焼装置 SSM-5000A

TOC-Lシリーズと組み合わせることで,水試料をはじめ,土壌,汚泥,堆積物など種々の固体試料中のTOC測定を可能にする装置です。通常の固体試料における測定作業では,試料からの有機炭素成分の抽出作業が必要になりますが,SSM-5000Aを導入することで固体試料をそのまま測定できるので,迅速かつ簡便で,より正確な測定が可能です。

 
Top of This Page

お問い合わせ