水素環境下での強度試験

水素ステーションの配管材料の一つとして使われる金属配管は、高圧水素ガス環境下に晒されるため、水素配管には耐水素脆性を有する材料が必要とされます。水素脆性の評価のために、水素ガス環境下で極低速で引張試験システムご紹介します。
燃料電池内部では発電の過程で温度が上昇し、高湿状態が発生します。長寿命な電池開発において、温湿度環境下での燃料電池電解質膜の物性の評価が必要です。温湿度環境を制御しながら強度試験が可能な試験システムをご紹介します。
これらの評価は材料開発だけでなく、水素ステーション及び燃料電池設計の指標、材料選定の基準にもお使いいただけます。

水素ガス環境

用途事例
水素ガス環境下でのSSRT(Slow Strain Rate Test)試験。
燃料電池容器・配管部材の水素脆化の影響を評価します。

温湿度環境

用途事例
燃料電池内を模擬した電解質膜の引張試験。温湿度環境下での破壊試験だけでなく、荷重保持した状態で温湿度を変化させて電解質膜の収縮量なども評価します。

  1. 様々な環境装置、その環境やサンプルに対応した治具を提案可能。
  2. 温度や湿度はパソコンからプログラム制御が可能。
Top of This Page