マイクロインデンテーション試験機

プラスチック硬さ測定アナライザー(計装化押込み硬さ試験機)(DUH-210) 強度/硬さ

新規格 ISO/TS 19278では,プラスチック特有の材料特性による測定結果への影響を考慮した測定条件が設定されており,繰り返し再現性の高い測定方法が実現されます。本規格を採用することにより,スケールレス(同一条件)で,かつ従来の試験法よりも微小な試験片で測定が可能です。

原理

計装化押込み硬さ試験法は試験力と押込み深さから硬さを測定する方法であり、マイクロインデンテーション法は計装化押込み硬さの中の一つです。
押込み深さから直接接触面積が計算されるため、の圧痕の稜線が特定できない試験片(例:プラスチック、ゴム、ガラスなど)の硬さ測定が可能です。

System Functions

Top of This Page