Q&A

SHIMADZU 自動車技術セミナー~軽量化技術支援~

下記以外にも,ご質問をいただいております。順次回答を進めて更新する予定です。

Q : in situ試験で得るCT画像は撮像時間が短いので通常の撮像よりも品質が落ちているかと思われますが,画像解析を行える(ボイド抽出や材料表面の境界を取る)レベルなのでしょうか?

A : 本発表内のデータは,撮影時間が約10分程度となりますので,例えば1時間で撮影したデータよりは当然S/N比が悪くなります。そのデータで画像解析がおこなえるかどうかは,CTの撮影領域と検出したいボクセル(ピクセル)の要求サイズによります。 例えばボイドに関しては,本発表内のデータはS/N比が少し悪いため,自動で抽出可能なのは直径おおよそ10ボクセル程度だと思われます(画像解析自体の抽出限界は3~5ボクセル程度) また,材料表面の境界につきましては,今回の試料は境界抽出は可能です。

Q : X線の測定においてCFRP内部のボイドなどはどの程度のサイズまで見つけることが可能でしょうか?

A : CTの撮影領域で変わります。 目視であれば,ボイド直径3~5ボクセル(ピクセル)程度から,見つけることが可能だと思われます。 発表内のデータは撮影領域が約17.5mm,それを512x512ピクセルで表現していますので,1ボクセルは約34μmになります。従いまして,目視の場合であれば約100~170μm程度であれば見つけることは可能だと思われます。
※画像のS/N比にもよりますので,絶対ではありません。 試験片だけでのCT撮影であればより拡大して撮影領域を狭めることができますので,更に小さなボイドでも見つけることが可能になります。

Contents for Researchers and Engineers

自動車ソリューション

島津製作所が提供する自動車に関する最新事例・技術を紹介しています。
*閲覧登録,参加費不要です。

Solutions Navigator

島津製作所が提供する各種webinarの視聴,最新の分析・計測事例,これらの最新情報をお届けします。
*会員登録が必要です。

Top of This Page