リチウムイオン電池の正極材料評価に最適! ~ ラボ内で完結する新たな化学状態解析システム ~

Xspecia

リチウムイオン電池正極材料向け化学結合状態解析システム Xspecia

環境負荷低減にむけ,EV化の流れが加速しています。そのキーファクターとなる車載用電池は,リチウムイオン電池 (LIB) を中心に,さらなるエネルギー密度の向上やサイクル特性の向上を目標に開発が進められています。特に,電荷補償機構の解明やサイクル劣化などのために,電池の構成材料である正極材の化学状態の評価が不可欠です。正極材の状態変化を迅速かつ簡単に評価することが求められています。
ラボ向けのシステム Xspecia がその分析ニーズにお応えします。

蛍光X線による正極材の化学状態分析

LIB正極材料向け化学結合状態解析システム Xspeciaは次のような用途に最適です。

  • 電極材を構成する物質の化学状態評価
  • 充放電による電極材の化学状態変化の評価
  • サイクル充放電試験を経た電極材物質の特性と化学状態との相関を解析

3元系正極材料中のNiおよびCoの状態変化

3元系正極材料中のNiおよびCoの状態変化

微小な蛍光X線スペクトルのシフトから化学状態を評価

微小な蛍光X線スペクトルのシフトから化学状態を評価

ここがポイント!

  1. 精確な分析結果が得られる,駆動部を持たない測定方式
  2. 微小なケミカルシフトが観測できる,優れた分解能
  3. 直感的な操作性を備えた,専門知識不要のソフトウェア
Top of This Page