UV TALK LETTER vol.13

2014年春発行(4/21時点の希望会員様向けに5/8発送)

主な内容

  • 「固体試料の絶対反射測定」
    固体試料の反射測定では,UV TALK LETTER Vol.12で説明しました相対反射測定のみならず絶対反射測定もよく行われますので,絶対反射測定の原理,測定方法,留意点を説明します。絶対反射測定は試料の絶対的な反射率を求めることができる有用な方法ですが,多くの注意点があります。とくに表面が鏡面でない試料に対し絶対反射測定を行った場合は,正しい絶対反射率が得られません。絶対反射測定を実施される際に,この解説を役立てていただければ幸いです。
  • 「UVカット衣料の紫外線防止指数UPF値」
    衣料の紫外線防止を示す指標にUPF値があります。このUPF値は紫外可視分光光度計および積分球を用いて透過測定し,計算式に則って算出します。測定方法や計算式は国によって異なり複雑な計算を要するものもあります。ここでは測定方法や計算式,UPF値が簡単に算出できるソフトウェア「UPFエクセルマクロ」を開発したので紹介します。
  • 「Q&A」
    薄いフィルムを2つの分光光度計で透過スペクトル測定したのですがデータが違いました。なぜでしょうか?
第13号

vol.13 (2014年春)

⇒(関連情報)UV TALK LETTERに掲載したアプリケーション/技術情報サイトはこちら

Top of This Page