最新技術・最新製品 | JASIS 2021 (最先端科学・分析システム&ソリューション展)島津製作所:株式会社島津製作所

最新技術・最新製品

New Technology & Instruments

  •  

    LC-Raman システム

    ラマン分光法は、非接触、前処理不要で分析・同定を行う優れた手法である一方、多種類の化合物が混在する試料の測定ではスペクトルが重なり、解析が困難になります。HPLC で試料中の成分を分離してからスペクトルを測定することで、混合試料の同定をより正確に実施します。また、異性体やUV吸収のない成分などLC 検出器では検出が困難な化合物へのラマン分光法の適用で、HPLC 分析にも新たな可能性が広がります。

  •  

    エネルギー分散型蛍光X線分析装置EDX-7200

    ベストセラーモデルEDX-7000の特長をそのままに、分析速度が最大3倍、分析感度が最大1.7倍に向上。電子部品に含まれる有害元素分析や医薬品の不純物解析などの用途に使用される、「簡単・迅速な分析」「様々な用途に1台の装置で対応」といったお客様のニーズに応えます。

  •  

    走査型プローブ顕微鏡/原子間力顕微鏡SPM-Nanoa

    SPM-Nanoaは低ノイズ・高感度の検出系と自動観察機能を搭載した新しい走査型プローブ顕微鏡です。性能と操作性の両立を実現し,オペレーターに依存しない安定した画像データを提供します。

  •  

    GC/LC分析自動前処理装置ATLAS-LEXT NHD

    最大72検体設置可能で、ステンレスニードルによる試薬シリンジおよび溶媒専用シリンジでの連続分注モードや、6検体同時処理可能なミキシング遠心機能を搭載し、スループットを向上させた普及型自動前処理装置

  •  

    Next Industry Standard

    GC/GCMS用オートインジェクタ/オートサンプラAOC-30シリーズ

    新しいAOC-30シリーズは、確かな分析信頼性を提供するとともに、ラボの幅広い分析ニーズに応えます。優れた拡張性により、最大150検体までの自動分析が実現できます。高い精度での長期安定分析、ラボの省スペース化/ 生産性向上、分析熟練者のアイデアが詰まった、これまでにないオートインジェクタです。

Top of This Page

お問い合わせ